林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


童蒙画引単語篇巻之二。

f0307792_20093969.jpg

松川半山『童蒙画引単語篇』巻之二。某氏コレクション、これで三冊揃って紹介できた。

松川半山『童蒙画引単語篇』巻之三

松川半山『童蒙画引単語篇巻一』

f0307792_20093738.jpg
f0307792_20093548.jpg

f0307792_20093015.jpg
f0307792_20092836.jpg
f0307792_20092457.jpg
f0307792_20092196.jpg
f0307792_20091774.jpg

「身体」の項の内臓にはビックリ。絵はまるで鉱物みたいに見える。肝と心の説明文を引いておく。

《肝ハ胸の下にあり上背骨の九の推[ずい]の下に付左三葉右四葉すべて七葉なり則ち酸を好む》

《心ハ肺管の下肋膜の上にあつて背骨第五の推[ずい]に付其形ち円くして蓮蕋[れんずい]のごとし四の穴ありて四臓に通ずるを主とす

これを読んでもほとんど何も分らないと思うのだが……とにかく子供たちが絵で内臓をイメージする時代が到来していた。明治七年発市(珍しい表記?)だから、これも明治維新による劇的変化のひとつというふうに考えていいのかもしれない。

[PR]
by sumus2013 | 2016-09-13 20:33 | 古書日録 | Comments(0)
<< 他日偶晴 ルオー展 >>