林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


芳水詩集

f0307792_18542990.jpg

有本歓之助『芳水詩集』(實業之日本社、一九一五年二月一〇日十三版)装幀、挿絵は竹久夢二。夢二の本はどれも高価なのでほとんど持っていないが、少々いたんでいても安ければ買いたくなる。これも安かった。初版は大正三年。もうすでに夢二の時代が訪れている。本書を見てもアールヌーヴォを竹久流にうまくアレンジして厭味がない。

f0307792_18543406.jpg


f0307792_19052039.jpg
別刷りカラー口絵


f0307792_18543297.jpg



    絵草紙

  従弟と二人で絵草紙を
  裏の倉から持ち出して
  春の日向で見てゐたら
  銀の声して鳥が啼く。

  赤い表紙はちくちくと
  若い二人の眼にしんで
  八重垣姫や清姫が
  夢見るやうになつて来る。

  古い絵本の手ざはりに
  少さき吐息の遣瀬なや
  ついしみじみと見てゐたら
  知らぬ間に日が暮れた。



f0307792_18543645.jpg

押し花が……クローバー?


f0307792_19041718.jpg
本文最終頁に「悲しき哀なる詩集よ、/我は永久に是を愛す、/ヒアシンスの君/直、」……なんともはや。お相手は


f0307792_18543841.jpg

記名主「Fushimi Mkaijima/T. Ban」だろうか。裏表紙では「Fushimi Mukaijima/Toyoko Ban」と正しく書けている。伏見区向島。

[PR]
by sumus2013 | 2016-09-05 19:24 | 古書日録 | Comments(0)
<< 僕の歌 宇宙律動 >>