林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます! B..
by sumus2013 at 08:01
はじめまして。いつも楽し..
by ao at 19:14
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


噛み茶

f0307792_20125806.jpg


f0307792_20125672.jpg

【『喫茶店の時代』正誤・増補 006 薬局からカフェへ】

41頁脚注[8]
《コヒーノキ》以下二行削除

42頁1-2行目 《おそらく実をビンロウのようにそのまま噛んでいたか、あるいは潰して液状にして用いたようである。》の行に脚注[9]を追加。内容は以下の通り。

《[9]ビルマの山地民は茶の葉を乳酸発酵させた漬物レッドペッドを持ち、北部タイには噛み茶ミエン、雲南省西双版納[シーサンバンナ]にはニイエン(食べる茶)などがある。茶の初原的な食べ方か。『太陽』平凡社、一九八四年五月号、四一頁。

ビンロウは「台湾チューインガム」とも呼ばれ、弱い覚醒作用のあるヤシ科常緑樹の果実。アジアでは他にキンマ、パーン、カートなどと呼ばれる同様の嗜好植物が現在も広く用いられている。》

キンマ(蒟醤) Wiki

ビンロウとはどのようなものか?

追記。上の写真はキンマ(?)の容器と思うが、出自は不明(御教示を)。かなり前に京都のアンティーク店で求めたもの。キンマとはその容器そのものおよびそこに施された漆塗りの技法をも意味する。


[PR]
by sumus2013 | 2016-09-01 20:36 | 喫茶店の時代 | Comments(0)
<< エロスの人 マッカーサーがやってきた >>