林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小学読本便覧

f0307792_20083104.jpg

水渓良孝抄録、遠藤茂苹書画『改正小学読本便覧』(田中治兵衛=文求堂、一八七六年二月発兌)。水渓良孝については以前も紹介したことがある。

水渓良孝編『小学入門便覧』

遠藤茂苹については不明。五雲斎と号し、他に『内外國旗暗誦表』(水谷仁兵衛、一八七二年)、『小学入門便覧』(田中文求堂、一八七七年)、『小学入門便覧』(山川圓々堂、一八八〇年)の書画を担当している。後二者は同じ水渓良孝の編輯ながらリンクした『小学入門便覧』は国井応文画である。どう違うのだろう?

読者の方より御教示いただいた。「遠藤茂平」で検索すれば著書等いろいろと出て来ると。なるほど、クサカンムリなしですか……。

宮川禎一「描かれた古墳出土品—明治十四年の発掘調査—」@京都国立博物館『学叢』ホームページ版 第27号
-----
この『学叢』の論文中(p.92)に、「遠藤茂平の業績は、幕末史研究者である多田敏捷氏によると、幕末の京都で出版業を営み、維新直後は新政府太政官の印刷業務などを請け負っていたという。また京都国立博物館が収蔵する「伏見鳥羽戦争図草稿」を描いた遠藤蛙斎と同一人物である。」とあります。

遠藤蛙斎の「伏見鳥羽戦争図」は実際に目撃したのかどうかは別として、なかなかリアルなデッサンで、当時の状況を身近に感じさせてくれるもの。出版業もやっていたとは興味深い人物である。


f0307792_20082750.jpg


f0307792_20082585.jpg

この本、表紙は少しいたんでいるものの色刷り口絵が良い状態で残っている。左下隅に「五雲斎茂苹画」と署名がある。明治初めの小学校の授業風景。色分けされた日本地図のスクロール、「精神一到何事不成」(朱子語類より)の大きな額、そして唐草の布で覆われた台の上には地球儀と立体模型、教科書は和綴じ本、生徒も先生も袴に西洋靴、椅子はベンチで床板がチェッカーになっている。ごちゃまぜのパスティーシュ、まさに転形期を絵に描いたよう……って絵でした。

f0307792_20082303.jpg


f0307792_20082030.jpg


f0307792_20081718.jpg


定価は朱印で「定價拾五銭」、検印は著者による「良孝」朱文角印。著者の住所は「京都府下下京第十八区萬寿寺通烏丸東入四百九十五番屋敷」……烏丸五条の近くだ。


小さな木版のカットがたくさん入っている。これが楽しいので明日以降いくつか取り上げて見たい。


[PR]
by sumus2013 | 2016-08-25 20:54 | 古書日録 | Comments(0)
<< 小学読本便覧挿絵 千代屋旅館 >>