林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


陶庵夢憶

f0307792_20360670.jpg


張岱(ちょうたい)『陶庵夢憶』(松枝茂夫訳、岩波文庫、一九九一年三刷)。日本の文化について語ろうとすれば、この本を抜きにしては何も語れない、そう感じるくらい明朝の風俗や行事をまざまざと見えるように描き出してくれる傑作エッセイ群である。まずは本書「まえがき」より作者について簡単に紹介しておく。[ ]はルビ。( )はママである。

張岱、字は宗子[そうし]、一字は石公[せきこう]、号は陶庵[とうあん]、また蝶庵居士とも号した。明の浙江省紹興府山陰県の人。

張家がこの地方で指折りの名門と目されるようになったのは高祖張天復[ちょうてんふく]の代からである。天復、字は復享、号は内山、嘉靖二十六年(一五四七)の進士で、官は太僕卿[たいぼくけいに至った。

曾祖の元汴[げんべん]は翰林侍読に至り、天才的な詩人・徐渭(文長)のパトロンでもあったという。徐渭については五年前に少しだけ触れている。

一香已足壓千紅
http://sumus.exblog.jp/15758678/

祖父の汝霖[じょりんは広西参議、父は耀芳[ようほうで魯の献王(憲王)の篤い信任を受けたという。張岱は万暦二十五年(一五九七)八月二十五日卯の刻に生まれた。子供の頃から病弱で牛黄丸を生まれてから十六年間与えられてようやく病は治ったとか。……要するに大官の家に生まれじじばばに大事に大事に育てられた大ぼんちであった。

七十四歳のとき『自為墓誌銘』にこう書いている。

《「少[わか]くして紈〓[がんこ]の子弟たり。きわめて繁華を愛した。精舎[せいしゃ](すきを凝らした園亭)を好み、美婢を好み、戀童[れんどう](美少年)を好み、鮮衣を好み、美食を好み、駿馬を好み、華灯(元宵の華美な灯籠)を好み、煙火(花火)を好み、梨園[しばい](演劇)を好み、鼓吹[なりもの](音楽)を好み、骨董を好み、花鳥を好み、かてて加えて茶淫[ちゃすき]であり、橘虐[みかんずき]であり(茶と蜜柑のマニヤ)、書蠹[ほんのむし]であり、詩魔[しきちがい]であり(本の虫・詩の鬼)、ついにうかうかと半生を過ごし、すべては夢まぼろしとなってしまった」

自分でぬけぬけとこんなことを書ける幸せな男だ。今後、何回か、本書を紹介してみたい。

[PR]
by sumus2013 | 2016-08-17 21:23 | 古書日録 | Comments(0)
<< 三代の蔵書 鉄道絵葉書の世界 >>