林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


女性創刊号

f0307792_19283437.jpg


『女性』創刊号(新生社、一九四六年四月一日)。これが今年の納涼でのいちばんの収穫。昭和二十一年の雑誌としては状態も非常に良い。明記はされていないけれど、表紙、広告のレイアウト、挿絵などは花森安治の手になるということで間違いなかろう。挿絵だけには「H」のサインがあるのではっきりしているが、それ以上はどこまで関わったのか不明ながら、かなり花森の力が働いた誌面ではある。

花森安治の装釘世界「女性 創刊号」

小島政二郎の『女性』に関する自筆原稿も以前紹介したことがある。

なつかしい青山虎之助君

f0307792_19283311.jpg

このカレンダーはいかにも花森らしいデザインだ。


f0307792_19283114.jpg

目次には賀川豊彦、武者小路実篤、宇野浩二、原田実、式場隆三郎、河盛好蔵、正宗白鳥、永井荷風、吉井勇、ウヰイド中尉、羽仁説子、吉野秀雄、イサドラ・ダンカン、小島政二郎、石川達三、舟橋聖一、丹羽文雄、藤沢桓夫の名前が並ぶ。グラヴユア写真は磯部達雄の撮影(表紙も?)。


f0307792_19282914.jpg

f0307792_19282720.jpg

f0307792_19282667.jpg

f0307792_19282418.jpg

f0307792_19282282.jpg


どうやら花森安治が『女性』に関わったのはこの創刊号だけのようだが、もしもう少し続けていたらどんな誌面を作ったのか興味深いものがある……。表紙は『ライフ』にやや似た感じで、B5サイズという、おそらく昭和二十一年四月当時としては異例の大判にしたのも花森らしいこだわりではないだろうか。『美しい暮しの手帖』創刊はこのおよそ二年半後、昭和二十三年九月である。判型はやはりB5であった。

[PR]
by sumus2013 | 2016-08-14 20:24 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2016-08-15 09:37 x
すばらしい本ですね。うらやましい限りです。また拝見させて下さい。
やはり古書は足でかせぐものですね。
Commented by sumus2013 at 2016-08-15 19:18
もう帰ろう、最後にここだけ、と思って某店の箱に投げ込まれていたパンフレット類を二三冊見ていると、フッと現れました。状態がいいことに加えて、お値段もリーズナブルでした。
<< 戦争中の暮しの記録 納涼古本まつりふたたび >>