林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


仏和会話小辞典つづき

f0307792_17400171.jpg


仏和辞典の印刷について摸索するためにラゲは一九〇一年から〇四年まで東京に居住した[アルシーヴの記載による]。一九〇五年、辞典は印刷に付され日本語を学ぼうとする人々にとっての大きな助けとなった。

鹿児島へ戻り、『佛和㑹話大辭典』の売り上げによって、ザビエルに捧げられた聖フランシスコ・ザベリオ聖堂を建立した(一九〇八年)。一九一〇年[日本語ウィキでは一九一一年二月]、ラゲは八千人の信徒を数える長崎の浦上小教区の責任者に指名され、浦上天主堂の建設を成し遂げた。二十年[着工は一八九五年、献堂式は一九一四年。高塔ドームが完成したのが一九二五年]にもわたる工事であったが、この聖堂は一九四五年八月の原爆によって破壊された


f0307792_17400300.jpg

ラゲはブルトン神父に頼まれて一九一五年にカリフォルニアへ若い女性信者を伝道の手伝いとして送り出す仕事を始めた。これは「訪問会」(聖母訪問会)と名付けられ以後長く継続されることになる。

『新約聖書』につづいてアンリ・ラッセール『ルルドの聖母』、『キリストのまねび』、『心戰』を和訳し、『小教理問答集』、『聖人伝』二巻、『公教初歩説明』三巻などを編集した。著書は他にも多数にのぼる。ラゲ訳『新訳聖書』については下記サイトでは次のように説明されている。

『聖福音書』の後も日本カトリック教会には聖書全訳の業がなく、見るべき聖書的著述も数編あるにすぎなかった。しかし、ベルギー人司祭ラゲが鹿児島県山下町教会に在任中、ヴルガタ・ラテン聖書を基にギリシャ語聖書を参照、伝道士加古義一の助けを受け新訳聖書の完訳を試み、1905(明治38)年頃脱稿した。それを当時の第七高等学校講師小野藤太、武笠三、二松学舎の山田準等が添削しようやく成稿を見たが資金がなく、直ちに出版できなかった。1908(明治41)年、ラゲは東京の築地教会に転任するが、1910(明治43)年私財と有志の寄付金により『我主イエズスキリストの新訳聖書』はようやく刊行の運びとなった。それは直ちに異版が出たが、通常これを初版としている。これは私訳と呼ぶべきものであるが、日本カトリック教会における確実な、新訳全訳の嚆矢であり、ほとんど標準訳のように長く用いられた。》

「一九〇八年に築地教会に転任する」をどう読むべきか、情報不足なのではっきり分らないが、新約の印刷出版のために再び東京に住んだということだったのかもしれない。

一九二〇年頃、健康に不安を感じるようになったため、休息を願い出た。そこで彼の司教は彼を司教館へ呼んだ。かくして著作の見直しや辞典の改訂に専念できるようになり、アカデミ・フランセーズからの賞讃やベルギー王からの勲章が彼にもたらされた。

一九二七年、教区がふたつに分割された。長崎は日本人司教に預けられ、新しい教区、福岡は外国宣教会にまかされた。ラゲはブルトン神父(福岡教区の司教)によってまとめられた日本人の信徒たちのもとから引退を望んでいた。彼らは東京郊外の大森に小さな病院を維持していたので、一九二八年にラゲはそこへ入り、二九年四月に聖職者としての金婚式を祝ったが、十一月三日、主は彼を召された。そして東京「多摩川のクリスチャン墓地」へ埋葬された[アルシーヴの言う多摩川のクリスチャン墓地(le cimetière chrétien de Tamagawa)というのもよく分らないが、カトリック府中墓地であろうという御教示をたまわった]。


『仏和会話小辞典』の内容をごく一部だが紹介しておく。書物関係の単語を選んでみた。

f0307792_17531640.jpg
f0307792_17531892.jpg


f0307792_17532010.jpg


f0307792_17532240.jpg


小辞典と同じ年に『佛和会話大辞典』(天主公教会、一九〇五年)も刊行されている。当然ながら大辞典の簡易版が小辞典ということである。大辞典の方は目下のところ「日本の古本屋」にも何冊か出品されていて、それぞれがかなり高額である。小辞典は幸い(?)出品されていない。貴重な辞典であることに変わりはないだろう。


[PR]
by sumus2013 | 2016-08-03 17:53 | 古書日録 | Comments(3)
Commented by kaguragawa at 2016-08-03 20:17
ラゲさんは「カトリック府中墓地」(東京都府中市天神町)に眠っておいでだと思います。
Commented by kaguragawa at 2016-08-03 23:26

カトリック府中墓地の開設時(1929)は、当地は多摩川に北接した北多摩郡府中町で北多摩郡の中心だったようですから、〔le cimetière chrétien de Tamagawa〕と書かれたのではないでしょうか。
Commented by sumus2013 at 2016-08-07 21:02
御教示ありがとうございます。やはりカトリック府中墓地でしたか。
<< 田端人/大和通信 仏和会話小辞典 >>