林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


風塵第二集

f0307792_19333571.jpg


『風塵 第二集』(山王書房、一九六九年二月)。限定七十部の俳句集。製作は東京都世田谷区太子堂の学書房。風塵同人は斎藤好光、関口銀杏子、萩原杜哉、佐久間茂高、山本游魚、宮沢良豪、古川巧。銀杏子こと山王書房主・関口良雄は「侘助」と題して九句を出している。『第121回五反田遊古会古書販売目録』(二〇一六年七月)より、月の輪書林の出品。この目録の月の輪さんのページでは他に八木福次郎旧蔵本がかなりの数出品されており、それがまた古書目録を中心としてさすが八木さん旧蔵という渋い本ばかりだった。


f0307792_19333998.jpg

f0307792_19334187.jpg


 枯蓮もベンチの人も動かざる

 芒野に長子と馳けしことなども

 侘助や犀星亡き後も庭に咲き

 断崖の梅は斜めに咲きにけり

 北風に尻もちあげてペタル踏む

 北風やとびこびざまにコップ酒

 熱燗に饒舌の悔残しけり

 極まるや東西南北風邪に伏す

 階下より妻の声する風邪の床



《とびこびざま》はママ。『銀杏子句集』(三茶書房、一九八一年)にはこれらの句は採られていないようである。銀杏子は「ぎんなんし」と読ませるようだが、小生はいつも「いちょうし」と読む。ほろ酔い加減で「いい調子」というのが関口良雄に似つかわしいと思うからだ。

f0307792_19334312.jpg
『Rewind 1969-2004 東京古書組合南部支部創立35周年記念写真帖』
(二〇〇四年)より、昭和四十年代の関口良雄


山王書房店主関口良雄



[PR]
by sumus2013 | 2016-07-31 20:36 | 古書日録 | Comments(0)
<< アンドレ・ブルトン没後50年 浜宿は >>