林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蛙なくや

f0307792_19343708.jpg



年初には短冊をつぎつぎ紹介したのだが、四月二十一日の保光以来途絶えていた。買えないのだから紹介できない道理。そこで短冊箱をかきまわして、かなり前に求めたものを掲げてみる。


  蛙なくや闇にをしえ〓 潭[潦]


署名は薫風園老生でいいだろう。どなたなのか不明。ようやくカムバックしたので拙い読みを披露する。〓のところは「之」か。「志」ではないかというご意見もいただいた。また下五は「」に見えるのだが、だとすれば、どう読むのだろう。ふかきふち? これも「潦(にわたずみ)」ではないかというご意見をいただいたので附記しておく。潦の意味を「たまりみづ」とする字書もあるから、あるいはこちらの方が妥当かもしれない。

鳴蛙
http://sumus.exblog.jp/18660956/

***

七月二十日の天声人語に「自信なさげ」と使われていて、ちょっと驚いた。「自信なげ」であろう。しかし、若者言葉としてならともかく、天声人語が使うのだから一般に通用していると思うしかない。ら抜き言葉もほぼ年齢に関係なくごく普通に使われているようだし、みんなが使えば正しくなる……とは言え、何が正しくて何が正しくないかも分らないのではあるが。


[PR]
by sumus2013 | 2016-07-23 20:20 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 浜宿は 室生家の料理集 >>