林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


倉田啓明綺想作品集

f0307792_20311459.jpg


『わが屍に化粧する―倉田啓明綺想探偵作品集―』(盛林道ミステリアス文庫、二〇一六年七月二一日)が届いた。倉田といえば『地獄へ堕ちし人々』(春江堂、一九二二年)に驚くような値段が付いているし、龜鳴屋さんでも傑作集を出している(完売)くらい奇特な作家のようだが、むろんどちらも所持せず、名前くらいしか知らなかった。いろいろな顔(作風)を持つ作家のようだということが本書を読んでいて分ったのはたいへんな収穫だ。

わが屍に化粧する―倉田啓明綺想探偵作品集―

目下のところ倉田啓明のウィキにも生年ははっきりと書かれていない。歿年はもちろん不明。ところが本書の解説片倉朝弥「本朝ぎさく気質」がなんとも執拗な追求ぶりで、とにもかくにも生年を記した資料を見つけておられる。

《倉田啓明 名は潔[きよし]。明治二十四年九月八日生。立教学院出身。「社会学体系序論」及び小説「地の霊」外五六編の作がある。現住所、日本橋浜町一ノ一七巴館》(『文章世界』大正三年三月十五日号「現代紳士録」)

これだけ分ればたいしたもの。ただ、それでも歿年はまだ不明のまま。

《探し出せた最後の小説は「仇討ち三味線」(『日の出』昭和十二・四)である。その後の消息は、杳として知れない。》

作品の評価についても片倉氏の一文を引いておく。

《倉田啓明が、谷崎潤一郎のような大作家に数えられることは今後も絶対にないだろう。一瞥すれば分るように、彼の作品には普遍的な芸術性というべきもは存在しない。あるのはただ、その場その場のモードに合わせて見繕った、一時的に消費されるだけの消耗品の味わいである。
 もっとも、その振る舞いを彼ほど突きつめたのは稀有な例だろう。生来の器用と無節操とで、明治末のデカダンスから大正の革命思想、昭和初期のモダニズムへと他の追随を許さないほど幾度も変化[へんげ]を繰り返した生涯は、倉田啓明という一人物に留まらず、彼の駆け抜けた時代をも雄弁に示すに至っている。普通は否定的に受け取られる変わり身も、彼の場合は魅力の一つとして特筆すべき域に達しているといえよう。大作家を読むのとはまた違った楽しみが、そこにはあるように思う。》

日本人の変わり身の早さに遅れまいと必死だった……そんな風にも思えて来る。

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-21 21:03 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 室生家の料理集 キュービックMAP >>