林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


エッケルトの君が代

f0307792_19422584.jpg


先日あるところで「君が代」の話になった。小生は随分前になるがドイツ人が作曲したということを読みかじっていたので、そう言うと、ある方が「ドイツ人は、たしかエッケルトですよね、でも、編曲ですよ。作曲したのは林廣守だったはずです」とおっしゃる。こちらは昔の事だし、記憶違いかなと思ってそのまま「そうでしたか」と引き取っておいた。

最近、上のような展示があったようなのだが、このちらしにこう書かれている。

《エッケルトが活躍した領域は管楽隊、弦楽隊、管弦楽隊、合唱団などの指導と指揮、作曲、編曲、伝統音楽の採譜、和声学教授などである。関与した機関としては海軍軍楽隊、東京合唱協会、文部省音楽取調掛、宮内省式部職雅楽部、陸軍戸山学校、近衛軍楽隊、(大韓帝国)侍衛軍楽隊などがある。業績としては日本の国歌《君が代》(現行)の編曲、葬送行進曲《哀之極 I・II》の作曲、韓国の最初の公式な国家《大韓帝国愛国歌》の作曲などが有名である。》

「日本の国歌《君が代》(現行)の編曲」とされているから、やはりそうなのかと思うのだが、「君が代」が国歌になったのはごく最近(平成十一年)である。国歌の制定を言い出したのは薩摩軍楽隊の教師であったイギリス人ジョン=ウィリアム・フェントンで、言い出しっぺのフェントンが武士の歌を参考にして作曲したのだが、それがたいへん不評だった。明治十一年にフェントンは帰国、十二年にプロイセンからエッケルトが来日、海軍軍楽隊はドイツ式となった。国歌も仕切り直し。海軍省から宮内省へ作曲が依頼され、十三年六月に林広守の作曲とされる「君が代」が国歌として選ばれた……とこれは下記のページに書かれている内容をかいつまんで紹介しただけ。

君が代について 野間裕史のページ

野間氏によれば実際の作曲は林広守ではなく広守の長男林広季と奥好義の二人の若手雅楽員であったという。しかも古歌の君が代に曲をつけただけで国歌とは聞かされていなかった(奥の談話)。それがコンペにかけられて正式決定した。審査員は林広守、エッケルトら四人というから出来レースと思われても仕方がない。その原曲をもとにエッケルトが「作曲」したわけだが、彼の自筆楽譜には「1880.10.25」と記されている。

明治二十一年、「大日本礼式」と題して「君が代」の楽譜が印刷され、諸官庁および諸外国に公式に配布された。その表紙には、はっきり「エッケルト作曲 von F. ECKERT」と記載されている。

標題の「JAPANISCHE HYMNE」、日本古来の民謡によるという意味の「nach einer altjapanischer Melodie」作曲者氏名と所属である「von F.ECKERT,Kongl.Pr.Musikdirektor」などが印刷され、一番下には作曲年「1888」が印刷されている。

また、水沢勉氏のFBに下記の表紙が引用されていた。英語版である。

1880年の手稿譜のための表紙と思われる水彩画の原画をまだわたしは実見していない。絵柄はウェブ上で確認できる。/これもなんとも奇妙な、素人っぽい絵である。/しかし、1880年という年を考え合わせると、まことに興味深いものだ。/夫婦岩に旭日が昇り、鶴が飛び、亀が「壽」という文字の息を吐く。「大日本禮式」「National Hymn composed on an OLD JAPANESE AIR by F. ECKERT.」/明治13(1880)年11月3日の「天長節」の「欧州奏楽」の演奏の際に用意された手稿譜の表紙と考えるのが自然だが・・・


f0307792_19422379.jpg

要するに、「君が代」の作曲は林広守らではなく、古歌にもとづいてエッケルトによって行われた、というのが当時の公式見解であった。

ではどうしてこれが国歌としてすぐに認められなかったか、野間氏によれば文部省(伊沢修二)が横やりを入れたことによる。海軍や宮内省には任せておけない、ということで第三の「君が代」が文部省から提出された。しかし、これがなんとイギリスのサミュエル・ウェブ一世の歌曲に君が代の歌詞を当てたものだった。当時の文部省唱歌は多くがこのやり方だったのだが、それにしてもあまりに安直ではある。

結局どちらとも決定されないまま学校などではエッケルトの「君が代」が「試用」されながら百年以上放置されていた。そしてようやく正式に採用する段になって、作曲はどうしても日本人の名前でなければ収まらなかったということだろう。

国旗及び国歌に関する法律


[PR]
by sumus2013 | 2016-07-08 20:06 | おととこゑ | Comments(0)
<< 第4回京都レコード祭り 方向 >>