林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


養病行遊

f0307792_21342081.jpg
f0307792_21341972.jpg


七言律詩のマクリ。年初だったか、某書店にて。落款は香川景徽[御教示いただいた]、印は「景緊」「公琴」だろう。香川景とくれば香川景樹のファミリーなのかとも思うが、これまた検索してもはっきりしない。詩の方も難しい字が多くて良く読めないが、例によってめくらめっぽうで。乞御教示。

養病行遊洛水淡
春芳一転入南薫
九潮斜別千章楼
12高飛五彩雲
北海猶応傾34
東山5又6紅裙
杜鵑留後7亭夜
莫使僕帰啼向君

寄憶白8君在京

12は菱闕、34は碧甕、5封?、6破、7郵、8麟、という御教示をいただきました。なるほど、改めてお教えいただくと弁別できないほど難しい字ではない、字書の引き方を工夫しないといけないようだ。

別の方より御教示いただいた。北洛としてあったところは北海(なるほどそうですね)、杜鵤としてあったところは杜鵑(たしかに)、そして6は酔であろうと(酔か破は迷ったのです。「、」があるので酔ですか)、7の次「亭」は「寄」であろうと(ただ後書きにある寄のように「、」がないので亭かと思いました[、がなくても寄の例もありますが]、また郵亭という熟語もあります)。

なお、よくよく紙背を眺めていたらエンピツで小さく《香川公琴 大阪ノ人 小竹門人》と隅っこに書かれていた。これだけ分れば上出来だろう。

さらにデジタル版日本人名大辞典に香川琴橋が立項されている(と御教示いただいた)。

香川琴橋 かがわ-きんきょう
1794-1849 江戸時代後期の儒者。
寛政6年生まれ。安芸広島藩浪人の父北川五助(介)にしたがって大坂に出,香川子硯の養子となる。劉琴渓にまなび,家塾をひらいた。嘉永(かえい)2年10月18日死去。56歳。名は徽。字(あざな)は公琴。通称は一郎。著作に「浪華名勝帖」。


[PR]
by sumus2013 | 2016-07-02 22:06 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)
Commented at 2016-07-04 19:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2016-07-04 20:12
御教示に深謝いたします。参考にさせていただきました。
<< イヴ・ボヌフォワ死去 ルネサンス期の書斎 >>