林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
本文用紙も上質にしました..
by sumus2013 at 11:29
林さん、いい仕上がりにな..
by 岡崎武志 at 08:42
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


聖ヒエロニムス

f0307792_19561221.jpg


『世界版画1 初期木版画』(筑摩書房、一九七八年八月三〇日)。解題はジャン・アデマールと坂本満。昨日の『月刊百科』表紙解説から思い出した一冊。かなり以前から書棚に挿してある。いつ購入したのかハッキリしないが、あれこれ思い巡らすと一九八一年頃だろう。それ以後少なくとも四度は引っ越したにもかかわらず、ずっと所蔵しているのが不思議なくらい。パリ国立図書館所蔵作品だけで構成された版画シリーズ。その第一巻で西洋における最初期の木版画を収録している。太目の単純な線描と渋い色彩(本来は派手だったかもしれないが時とともに渋くなっている)が好きだった。

久しぶりにめくっていると「聖ヒエロニムス」(作者不詳、十五世紀末)に目がとまった。本棚が見える。筆記用具らしきものが置いてある。

f0307792_19561463.jpg


f0307792_19561713.jpg

乱雑に見えるが、挿絵などに描かれた当時(十五世紀末から十六世紀)の書斎における本の並べ方はおおよそこのようなものであった。



聖ヒエロニムスはダルマチア(現クロアチア共和国の一部)に三四〇年頃に生れた。キリスト教の神学者。ギリシャ語聖書などからラテン語訳(ウルガータ聖書 Vulgataを完成させたことで知られる。ルネサンス時代には学者のアイドルとして人気絶大となり、荒野で苦行する姿(ダ・ヴィンチに有名な作品がある)あるいはライオンとともに書斎にいる姿で多数描かれた。

携帯用の手のひら『新約聖書』

聖ヒエロニムスが隠遁生活を送りつつヘブライ語を学んだのはシリアの砂漠だった。コンスタンチノポリス(イスタンブル)からローマへおもむき、教皇ダマスス一世に厚遇されて聖書の翻訳にとりかかった。教皇歿後エルサレム、ベツレヘム、エジプトを遍歴し神学研究を深めたという。四〇五年頃ベツレヘムで訳業を完成させ、四二〇年に同地で歿している。……考えてみれば四〜五世紀の当時、学問の最高水準はこの地域に集中していたということである。現在の状況からはちょっと想像するのが難しい。逆に言えば、現在のユーロ圏はその当時は全くの蛮族地帯であったということになる。日本は……応神・仁徳の時代か。


[PR]
by sumus2013 | 2016-06-30 20:48 | 古書日録 | Comments(0)
<< ルネサンス期の書斎 雨障 >>