林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


みつづみ書房

f0307792_19383014.jpg


伊丹のみつづみ書房へ。日中は三十度を越える暑さだった。大通りから一本裏路地に入った昔ながらの風情が残る町並がいい。一軒の民家を四人でシェアし、二階がオフィス、一階を古書店と共用スペースに使っている。

みつづみ書房

みつづみご夫妻の蔵書がベースになっているが、二月に開店したということで本の量は控えめ、古本屋というよりも愛書家の顔をまだまだ保っている。ご主人はオールマイティの品揃えながら自然科学系がご専門ということでその方面の本棚が新鮮だった。ピエール・ガスカールのビュフォン伝には食指が動いた。

f0307792_19382935.jpg


f0307792_19381811.jpg


f0307792_19382213.jpg


f0307792_19381185.jpg


店の奥に共用スペース。ちょうどオーブリー・ビアズリー関連書が展示されていた。「オーブリー・ビアズリー文庫コレクション展 vol.7」(〜6月11日まで)。ご友人がここ数年の内に蒐集されたということだが、それにしてはかなりのレベルだ。『ビアズリ装画集』(洪洋社、一九二二年)に興味を惹かれる。

f0307792_19380651.jpg


f0307792_19380424.jpg


今後は買取も強化し、自宅にうなっている(?)ご主人の蔵書も放出される予定だとか。伊丹市立美術館・柿衞文庫から歩いて数分、美術館帰りにちょっと立ち寄る楽しみができた。



[PR]
by sumus2013 | 2016-06-10 20:04 | 古書日録 | Comments(0)
<< 花森安治装釘集成いよいよ WAY OUT WEST >>