林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


石井立の仕事

f0307792_20592086.jpg


『北海学園大学学園論集』145号(北海学園大学学術研究会、二〇一〇年九月)および146号(二〇一〇年一二月)に掲載された「できるかぎりよき本 石井立の仕事と戦後の文学」前編・後編のコピーを頂戴した。きわめて興味深い内容だ。

検索してみると石井立の人物についてはこの記事がまとまっている。

石井立:昭和文壇支えた編集者魂

「できるかぎりよき本 石井立の仕事と戦後の文学」の執筆者は石井耕、石井牧、平賀美穂、石井樹の連名である。

《本稿は,石井立の遺した資料のうち主要なものおよび多くの方々が書かれた石井立に関わる文章を編集したものである。資料は,石井立自身の判断で手元に置いてあったものと考えられる。それを,妻・石井道が大事に保管し,一部整理をはじめていた。石井道も亡くなり、石井耕、石井牧、平賀美穂の三人の兄妹で,今回の整理を行った。孫の石井生・石井樹も手伝った。文章は石井耕と石井樹で執筆した。》

まずは石井立(いしい・たつ)の年譜をかいつまんで引用しておく。主な典拠は『木靴』17号(石井立追悼号)とのこと。

1923年2月19日 石井正とモモヨの長男として神奈川県横須賀市に生まれる。
1929年4月 大向小学校入学。
1935年4月 麻布中学校入学。
1940年4月 弘前高等学校入学。
1943年4月 京都帝国大学文学部入学、西洋史学を専攻。
   12月 学徒出陣により宇治火薬廠の役務に服する。
1946年9月 京都帝国大学文学部卒業。大阪府池田中学校勤務。上京して大地書房に勤務。雑誌『白鳥』の編集に従事。
1947年6月1日 筑摩書房入社。
1948年以降 父・石井正とともにショーペンハウエル『幸福について』『自殺について』『死について』などを翻訳。創元社より刊行(後に角川文庫)。ショーペンハウエルについての論考を発表する。
1954年3月 詩集『雞のうた』を自選刊行。
1956年 同人雑誌『木靴』に参加。
1959年2月〜1960年2月 鎌倉・額田保養院入院。
1960年10月 再入院。
1962年 玉川病院入院。
1963年 軽井沢病院へ転院、玉川病院へ再入院。
1964年1月3日 慢性肺性心のため日産厚生会玉川病院にて死去。享年四十。

年譜の次には筑摩書房で石井立が関わった書物のリストが掲載されている。雑誌『展望』の編集からスタートし、最初に手がけた単行本は太宰治『ヴィヨンの妻』(一九四七年八月五日、林芙美子装幀)である。太宰とはかなり親しく付き合っていたようだ。それらについては明日。

[PR]
by sumus2013 | 2016-05-28 21:04 | 古書日録 | Comments(0)
<< 太宰さんの死 造本装幀コンクール受賞 >>