林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古松蔵書その後

f0307792_20144191.jpg


「古松蔵書」という蔵書票が貼付された阿部六郎『深淵の諸相』を買った話を書いたのは昨年の二月だった。

蔵書票「古松蔵書」

十年ほどもブログをやっていると取り上げた古書や資料に直接つながる方々よりお便りやeメールをいただくことが時折ある。インターネット上で家族や先祖の事蹟を検索する人たちが少なくないようだ。ごく最近も上のような巻き紙のお手紙を「古松蔵書」の古松貞一氏のお嬢様より頂戴した。差し障りのない程度(全体的にさしたる障りはないが)に父上に関することなどを引用させていただく。

《もう少し前になりますが、他界致しました藤本東一郎は又従兄弟でございます。又、父の若かりし頃は藤田嗣治様に父のトレードマークのマドロスパイプを片手に持つ肖像画を画いて頂き書斎に掲げてありました。父は画家が好きで私の物心のついた頃から毎月「みづゑ」という雑誌を購入しておりました。》

《京大の教室四教室ぎっしり位の本を所蔵しており 古松蔵書が貼付してありました 専門外の俳句辞典や民族辞典などもあり学生時代には図書館に行かず調べものが出来ましたことは今思いますと 幸せだったと思います

《左京区北白川の京大人文科学研究所のごく近くに居住しておりましたので のんびりと余生を送っておりました、本当にお心にかけて頂きましたこと父に変わりお礼を申上げます、昔はすべて口伝でこざいましたので今のようにすばらしい現代文明によるもので後世に残ること不思議に思います》

すでにご高齢でいらっしゃるようだが、お元気でご活躍のご様子である。思いもかけず、なつかしき良き時代の香を届けていただいた。

[PR]
by sumus2013 | 2016-05-27 20:41 | 古書日録 | Comments(0)
<< 造本装幀コンクール受賞 筑摩書房創業50周年 >>