林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ザイールの腰布

f0307792_20493007.jpg


SOPHIE CURTIL『N'TCHAK』(MUSEE DAPPER, 1991)。「ンチャク」とはクバ族のダンス用の腰布である。アフリカ中央部の国ザイールで古くから作られてきた。この本はその「ンチャク」の模様で遊ぶ子ども向けの絵本のようなもの。パリの十六区にあるダペー美術館が発行している。

Musée Dapper - 35 bis, rue Paul Valéry - 75116 Paris

f0307792_20492782.jpg


例えば模様を切り抜いて示しておき、くりぬいて来た元の布を次の頁に掲載する。

f0307792_20492545.jpg


または、次のような扉を開けると細長い「ンチャク」が現れる仕掛けもある。

f0307792_20492111.jpg
f0307792_20491958.jpg

f0307792_20491650.jpg

f0307792_20490989.jpg


f0307792_20490404.jpg


クバ(KUBA)の言い伝えによれば、魔法の力によって王になった奴隷の息子がこの布の織り方と刺繍をもたらしたそうだ。

この王は Chyaam a-Mbul と言い、あらゆる芸術家たちをかり集めて衣服、家具、楽器、食器などから果ては人々の肉体にまで装飾をほどこした。Chyaam a-Mbul に続く王たちは玉座に着く度に新しい模様を考え出さなければならなかったため、何百年もの間に多くのデザインが生まれた。

一九二〇年頃、Kot Mabintch 王は近隣の部族を訪問してその住居の装飾を写した。宣教師たちはその王に手に入れたばかりの新しいオートバイを見せた。しかしその現代テクノロジーの産物は王の注意をまったく惹かなかった。彼を魅了したのは砂の上についたオートバイの車輪の跡だけだった。王はすぐさまそのパターンを写し取ったのである。

これらの布は王宮のアトリエで王やロイヤルファミリーのためにハーレムの女性たちによって作られた。とりわけ Itul の祭のためには何ヶ月も何年もかかって特別な布が織られ刺繍を施された。Itul の祭は二日間続き莫大な費用をかける。王の娘たち、母や女たちが上半身裸で腰からくるぶしまである腰布「ンチャク」を身につけて踊るのである。「ンチャク」はラフィア椰子(palmier-raphia)の葉から作られる。

ザイールの Kasaï 地方、赤道地帯の広大な森のはずれにクバ族は暮らしている。BUSHOONG にある王の住む街 MUSHENGE に入ることは許されない。異邦人は死を覚悟しなければたどりつけない。その街の住人は王の腰巻きを作っていた。かつては BAMBALA(シーツの民)と名付けられたほど布製品に囲まれて暮らしていたという。

以上、説明文の一部を拙訳してみたが、興味尽きないものがある。

[PR]
by sumus2013 | 2016-05-21 21:37 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 金利生活者になるんだ 述語制言語の日本文化 >>