林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


写真家・福島菊次郎

f0307792_20211410.jpg


「WILL:意志、遺言、そして未来 報道写真家・福島菊次郎」展を堀川御池ギャラリーで見た。福島菊次郎についてはみずのわ出版から出ている那須圭子さんの写真集を装幀させてもらった縁がある。(本展の会場でも販売されております)

那須圭子My Private Fukushima 報道写真家福島菊次郎とゆく』(みずのわ出版、2013年

《戦後、10年にわたり原爆症に苦しむ家族を記録した作品により報道写真の世界へ入った福島菊次郎は、全共闘運動、三里塚闘争、自衛隊と兵器産業、環境問題など多岐に渡るテーマで激動する時代を写真に収めてきました。権力に迎合しないことを信念に撮り続けた写真は、戦後の日本が歩んできた道、残してきた課題を私たちに伝えています。本展はこれまで700を越える会場に展示された福島自作パネルによる写真展です。》

以上のようにチラシには書かれているが、福島の壮絶な人生はウィキの略歴からでもひしひし伝わってくる。


これで九十四まで闘ったのだから相当に強運と強靭な肉体の持ち主である。個人的には自衛隊と兵器産業をあからさまに描いてみせた一連の写真は新鮮だった。戦闘機の前で他愛なくニカッと笑っている二人の工員、寒気のする凄い写真だ……。いわゆる平和憲法によってこのパンドラの函に蓋がされてきたわけであるが、函のなかではプレッシャーが高まっていた。もうパンク間近ではないのか? あらためて人間は懲りない動物だと思い知る。

福島自作パネルはたしかに福島のテーマをコンパクトに伝えるには効果的だ。そういう展示はそれで続けるべきであろう。が、しかし福島亡き今こそ「写真家(報道写真家ではなく)・福島菊次郎」としての批判的な回顧展が必要だろう。初出紙誌、写真集などの資料展示も含め福島の全体像を知りたいと思った。テーマや生き様を通してだけでなく福島の写真そのものを直視するべきではないか。それだけの力を福島の写真は持っている。

[PR]
by sumus2013 | 2016-05-17 20:56 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 長谷川三郎〜みどり文庫 三本松商店街 >>