林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


三本松商店街

f0307792_20544375.jpg


『雲遊天下』124号(ビレッジプレス、二〇一六年五月二五日)が届いた。「特集・あの場所」に書かせてもらった。「三本松商店街」は郷里の隣町にあった小さな商店街だ。小学校を卒業するとき、そこの文房具店で究極の選択を迫られたことがある……とちょっと大げさだが、そんなことを書いた。詳しい目次は下記に。

雲遊天下124 特集◎あの場所

特集には岡崎氏も「関西で出ていた「ブラケット」という雑誌について」と題して『ブラケット』(創刊一九八七年)のことを書いている。そのなかに発起人である村岡眞澄さんの事務所のことが触れられていてなつかしかった(文中Mさんとなっているが、ここでは実名で紹介する)。天神橋筋商店街の外れ(天神さんより南だったような…)にある古いビルだった(後に移転)。その二階が村岡さんの本業である翻訳業の事務所なのだが、そこで雑誌の編集会議などをやっていた。みょうな階段のある建物だった。ステップを奥へ上がって行って逆向きに少し下がるみたいな。

小生は編集にはタッチしない泡沫同人だったけれども大阪へ出かけると用もないのにちょっと立ち寄って村岡さんの仕事の邪魔をした。ブラケットの会がその事務所で開かれたこともあり、そこでも岡崎氏は買ったばかりの古本(たぶん珍しい詩集だとか渋い文庫本だとか)を取り出してみんなに見せていたように思う。あれからほぼ三十年の時間が流れたとはとても信じられない。その後、村岡さんは大きな手術を受けたり出版に乗り出したりと大変な時期を迎えたようだが、その後も変わりなく昨年七月の「sumusトークライブ」にも元気な姿を見せてくださった。ぜひ「ブラケットの会」も開いてくださいと頼んでおいた。

連載では大川渉さんの「詰むや詰まざるや(三)」が個人的に大好きですぐにでも続きが読みたい。その他、連載陣も強化されますます目の話せない雑誌になってきた。



[PR]
by sumus2013 | 2016-05-16 21:35 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)
<< 写真家・福島菊次郎 連翹 >>