林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本のシュルレアリスム

f0307792_17033318.jpg


『彷書月刊』の初期号を何冊か頂戴した。深謝です。終日雨、PCに向かって現在進行中の書籍レイアウトと苦闘する。その合間の息抜きに同誌をパラパラと。通巻12号(弘隆社、一九八六年八月二五日)は特集が「日本のシュルレアリスム」。執筆者は鶴岡善久、中野嘉一、諏訪優、白石かずこ、ジョン・ソルト、針生一郎。

諏訪優「北園克衛のブックデザイン それでも彼は詩人だった」に北園の書斎の様子が少しだけ描かれていた。

《馬込時代の彼の家は六畳二間ほどの借家であったが、あまり大きくない仕事机の前にあぐらをかいた彼は、机の上のエンピツとペンと、小皿にとり出した水彩絵具の数滴で、わたしたち若い詩人に、アッと言う間に見事な栞を作ってくれたりしたのである。
 極言すれば、詩人の仕事机の上から、ノリとハサミとエンピツで、あれら多くのすぐれたブックデザインは作られたのである。》

中村書店のしおり(北園克衛デザイン)

ジョン・ソルト「蝙蝠傘の失跡」は日本におけるシュルレアリスムの性格について。

《日本のシュールレアリスムを研究していて意外であったのは、この点に関しての日本のシュールレアリスムの態度が、ヨーロッパのそれ[二字傍点]とは大きく異なっていた点であった。ブルトンは積極的にシュールレアリスム的存在の発掘を展開した。しかし、日本のシュールレアリスムは、どちらかといえばその活動を自己のフィールドの内側に限定し、時空の逸脱に消極的であったように映る。》

ソルト氏はその理由をこう説明している。

《「近代への[二字傍点]自由」こそが日本のシュールレアリストにとっての切実な問題であった。それゆえほとんどあらゆる過去の文化や伝統は、揚棄の対象として以上の意味をもちにくかったのではないだろうか。
 ヨーロッパのシュールレアリスムが、すでに人間にとっての規範と化した「近代から[二字傍点]の自由」を対象としたものであったと仮定すれば、日本のそれは脱亜的に進行しつつあった「近代への[二字傍点]自由」へとそのベクトルを向けていた。》

要するに、日本は未開国だった、それこそもしブルトンが日本に興味を抱いたとすれば、奇想の作家や画家を歴史の闇のなかから引き出したかもしれない(たとえば今ではフランスにも専門の研究者がいるらしい若冲のような画家だとか。カチナドールを集めるようにこけしを収集するブルトンを想像するのも楽しい)、そんな国、シュルレアリスムの対象となる国だった、ということだ。

ここで未開と言ったのはあくまでパリの運動から見た価値であって、パリには存在しない「豊かさ」と考えていいだろう。パリに集まったシュルレアリストたちの多国籍性を考えれば、空間を超越した感応力がブルトンの才能だったのである。だから既成の価値観にこだわらない自由さを発揮できた。

その極東の未開国にブルトンの精神をもって時間と空間を眺めることができるシュルレアリストがいたのかどうか。戦後の瀧口修造は新しい特異な造型作家を見出すという意味においてはブルトンに似た仕事をしたと言えるとは思うが。ただし第二次世界大戦後は世界そのものが全くと言っていいほどシュルレアリスムになってしまったので、その時点で本物のシュルレアリストが日本に次々現れたとしても(本誌に針生一郎がそんなことを書いている)それはむしろ当然のことなのである。

第一次大戦の申し子であるシュルレアリスムはあくまで二大戦間における精神の物差しとしてもっとも大きな意味を持っているように思う。その意味では柳宗悦の民芸運動あるいはその蒐集品などを見ると、柳こそ日本のブルトンと呼ぶにふさわしい人物ではないだろうか。日本のシュルレアリストを既成の見方で測ろうとするとつまらないものになってしまう。

柳宗悦『蒐集物語』

[PR]
by sumus2013 | 2016-05-10 17:03 | 古書日録 | Comments(0)
<< うずまき新聞 茶店の成立 >>