林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


茶店の成立

f0307792_19445896.jpg
天橋立・住吉社図屏風より茶店



f0307792_19450045.jpg
上杉家本洛中洛外図屏風より「一服一銭」


【『喫茶店の時代』正誤・増補 002 茶店の成立】

上杉家本洛中洛外図屏風」(十六世紀中頃)には言及している(p19)が図版は掲載していなかった。新たに知った「天橋立・住吉社図屏風」に描かれている茶店には屋根と椅子も備えられており、本格的なものである。



f0307792_19450340.jpg
『喫茶往来』(十五世紀初)に描写される「喫茶之亭」を金閣寺に似ているようだと書いたが(p19)、上の記事は銀閣寺から御影石の導水管が発見されたという内容(1993年10月27日付朝日新聞;神戸)。

《国際日本文化研究センターの村井康彦教授は「銀閣寺東求堂内にある同仁斎という部屋が、囲炉裏の間だったと分かっている。義政が茶の湯をたしなんでいたとの説があり、石樋の精巧さは、その説を裏付ける」と話す。》

質素だとされる銀閣寺、実は豪華な庭園だった可能性が強まった、と記事は結ばれている。



f0307792_19450577.jpg
p20で言及している「南大門一服一銭請文」は東寺百合文書の中にあり「南大門前一服一銭茶売人道覚等連署条々請文(なんだいもんまえいっぷくいっせんちゃうりにんどうがくとうれんしょじょうじょううけぶみ)」が正式名称。「前」が抜けていた(20頁7行目)。この資料は京都府立総合資料館蔵。図版は2002年10月17日付『朝日新聞;京都』より。請文の内容は以下の通り。

一 如根本令居住南河縁堆為行時不可移住門下石階辺事

一 鎮守宮仕部屋雖暫時不可預置茶具足以下事

一 同宮幵諸堂香火不可取事

一 灌頂院閼伽井水不可取事

《石段付近で営業しない▽道具を宮仕部屋に預けない▽火種を寺の香火から取らない▽寺の井戸水をくまない、の4項目。》

東寺が登場したついでに明治時代の東寺付近。茶畑に囲まれていた。

f0307792_19450623.jpg
2001年3月3日付朝日新聞;京都より


[PR]
by sumus2013 | 2016-05-09 20:14 | 喫茶店の時代 | Comments(0)
<< 日本のシュルレアリスム 凋傷何必 >>