林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マニフ. 1979

f0307792_20574020.jpg

昨年十月シャンペレ古本市で購入した紙焼写真。段ボール箱いくつかに生写真ばかり何百枚と放り込んで並べている業者がいた。写真の種類はいろいろでアンティーク調のものから映画俳優の肖像やエロテッィクなものまで揃っていた。それらのなかにひとまとめにこれらデモの写真が紛れ込んでいた。おそらく三十枚以上はあっただろう。裏に捺されたスタンプから同じ写真家の作品だと分る。一枚一枚はそう高いものではなかったが、1ユーロ、2ユーロでもなかった。できれば全部買い占めたかった。結局かなり迷った末、気に入った絵柄を六枚だけ入手。

f0307792_20574259.jpg


黒いスタンプは以下の通り。

Gérald BLONCOURT
REPORTER - PHOTOGRAPHE
117 Av. du Bois de Vérrière
92 ANTONY
MENTION DU NOM OBLIGATOIRE
DROITS RÉSERVÉS

ジェラール・ブロンクールで検索してみるとご健在。ブログで作品を公開しておられる。

LE BLOG DE GERALD BLONCOURT

ブロンクール氏は一九二六年、ハイチ生まれ。画家、詩人、写真家。一九四六年に政権交替によって追放され八六年までフランスに住んでいた。ブログにも作品がたくさんアップされているが、労働者をとらえた作品はなかなかに印象的である。

青い色のスタンプは写真の説明。

12 et 13 Fevrier 1979 - LONGWY en lutte contre les licenciements dans la sidérurgie

ロンウィ(LONGWY)はロレーヌ地方の鉄鋼業の町。十九世紀から栄えていたようだが、一九七〇年代には衰微してしまい、七八年十二月にレーモン・バール政権は二万一千人の解雇を発表した。それに対する労働者の激しい抵抗、騒乱が相次いだ。ブロンクール氏が撮影したのは七九年二月十二、十三日のデモの様子である。

もう一種類、同じ七九年、五月十七日、パリでの教育改革に反対するデモの写真が二枚混じっていた(最初の写真の手前の二枚)。バスティーユからパレ・ロワイヤルまで(パリの中心街)を練り歩いたようである。写真下部分に手書きで次のように書かれている。

17/5/79. Manif. fonctionnaire Bastille- Palais-Royal

パリとロンウィ、同じ労働者でもまったく違う雰囲気なのも当然ながらたいへん興味深い。いちばん気に入っている写真はこちら。やや作りものめいた感なきにしもあらずだが、それはそれで決まっている。

f0307792_20581062.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2016-04-27 21:42 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 季村敏夫の仕事を囲む 喫茶店の時代・正誤 >>