林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


怪人二十面相

f0307792_19382479.jpg


ふと均一台で拾った江戸川乱歩『江戸川乱歩全集(1)怪人二十面相』(光文社、一九五二年三月一〇日十八版)。背激傷み、カバーなし。装幀は松野一夫、挿絵は伊勢田邦彦。

f0307792_19382266.jpg


f0307792_19382045.jpg

扉は明智探偵の肖像、そして下の挿絵で椅子に座っているのが怪人二十面相である(明智探偵が捕まったシーン)。マスクもマントも着けていない。

《正面の大きな安楽椅子に腰かけて、ニコニコ笑つている三十才ほどの洋服紳士が、二十面相その人でありました。これが素顔かどうか分かりませんけれど、頭の毛をきれいにちぢらせた、ひげのない好男子です。》

f0307792_19431240.jpg

ざっと読んでみたが、やはり面白い。今さらながらだが乱歩のアイデアと文体は抜群である。推理物はさほど得意ではない小生でも最後まで読まされてしまう。なかで子供の頃を思い出したのは、小林少年が二十面相のアジトで地下室にとらわれた場面で取り出す「探偵の七つ道具」。

《小林少年の「探偵七つ道具」は、そんな大きな武器ではなく、一まとめにして両手ににぎれるほどの小さなものばかりでしたが、その役に立つことはけつして弁慶の七つ道具にもおとりはしなかつたのです。
 まず万年筆型懐中電燈、夜間の捜査事業には燈火が何よりもたいせつです。また、この懐中電燈は時に信号の役目をはたすこともできます。
 それから小形万能ナイフ。これは鋸、鋏、錐など、さまざまの刃物類が折りたたみになつてついております。
 それから、丈夫な絹紐で作つた縄ばしご、これはたためばてのひらにはいるほど小さくなつてしまうのです。そのほか、やつぱり万年筆型の望遠鏡、時計、磁石、小型の手帳と鉛筆、さいぜん賊をおびやかした小型ピストルなどが主なものでした。
 イヤ、そのほかに、もう一つピッポちゃんのことを忘れてはなりません。懐中電燈に照らしだされたのを見ますと、それは一羽のはとでした。

「怪人二十面相」の初出は『少年倶楽部』昭和十一年である。伝書鳩は重要な通信手段だった……とそれはともかく、こういうふうにコンパクトにいろいろな品物を鞄やポケットに詰め込みいざというときに備える、そんなことに夢中になった時期があった。いや、今でもカバンのなかには細々とした道具をしのばせてある。実際にはほとんど役には立ったためしはないのだが、入れておくと安心するていのもの。このあたりの少年の心理を刺戟する仕込みや仕掛けが乱歩は実にうまいなと改めて思った。

f0307792_19381076.jpg

f0307792_19380845.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2016-04-22 20:20 | 古書日録 | Comments(0)
<< 二銭銅貨 よい頃を >>