林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


エーコのエーコ

f0307792_20032837.jpg



『Morandi Gli acquerelli』(Electa, 1990)。モランディの水彩画集。イタリア語版なので読めないのだが、まあ読む必要もない。ただ、このなかにウンベルト・エーコがモランディについてのエッセイを寄稿している。「Il segno di Morandi」(モランディの記号)。この本を買ったとき、辞書を引き引き苦労して大意だけ訳したメモを作った。それをそのまま挟んであったような気がするのだが、どこかへ行ってしまって見当たらない。

f0307792_20032676.jpg


新潮』六月号に細川周平氏が「エーコのエーコ 『薔薇の名前』を供えて」を寄稿しておられる。その追悼文を読んで、この本を思い出したのである。細川氏によればエーコはボローニャで教鞭をとっていた。モランディを論じて当然だったのだ。細川氏がエーコに初めて会ったのは一九八〇年、ウルビーノで開かれた国際記号学セミナーで、一九八二年から二年間ボローニャ大学芸術学科に留学しエーコの授業を受けたという。

《そして最後に会ったのは一九九〇年、『薔薇の名前』邦訳のプロモーションを兼ねて夫妻で来日した時で、講演後、山口昌男にくっついてディスコに行った(ウルビーノでも町にひとつのディスコで、エーコの一団は踊っていた)。五ヶ月しか違わないマサオ(彼はそう呼んだ)とは、ずいぶん波長が合う様子だった(体格も似ていた)。それぞれの国の記号学の基礎を築いただけでなく、博覧強記、書物愛、そして知的な軽さの点でエコーを響かせ合っていた。エーコがスヌーピーを讃えれば、山口はのらくろ上等兵を愛す(漫画が知的対象とは見られていなかった時期に)。エーコがあらゆる言葉遊びに卓越していたなら、山口は駄洒落を好む。二人は同じ時期に俗悪美を取り上げ、マクルーハンを距離を置きつつ評価した。エーコがスーパーマンからマスメディアに生きる大衆の欲望を皮肉っぽく肯定すれば、山口は古事記、アフリカ神話からアルレキーノ、マルクス兄弟まで各地の道化像に民俗的活力を見出した。エーコは五〇年代後半、大学の職に就く前に国営テレビ局につとめたことで学者の王道から外れた。山口は六〇年代前半、ナイジェリアで調査し、西洋受け売り学界にも、日本国内で自足した民俗学や歴史学にも引導を渡した。二人とも書物で完結した伝統的学問分野(中世思想、日本中世史)から人文学に入門しながら、三〇代に(つまり一九六〇年代に)そこを外れる道を拓いた。》


f0307792_20032450.jpg

《五月革命のパリ(『薔薇の名前』作中の謎の原稿に「私」が出くわした一九六八年八月のまさにその頃)に滞在した山口は、共通する解放的精神を「未開」に見出し、その発想を理論化する際に記号学を応用した。中世の論理学に発しパースを咀嚼するエーコと、人類学に発しレヴィ=ストロースを咀嚼する山口ではずいぶん距離があったが、記号学はそれをひとまとめにする大風呂敷と拡大解釈された。それが知的流行である所以だった。記号の「語感」がまず消費された。》

なるほど、そういうことなのかとエーコと山口昌男のスパークぐあいがよく分った。

《何を学んだかよりも、若いうちに知的健啖に(「実物」にという方が正直)触れたことが私には大きかった。どの著作というより、知的度量に尊敬を払い、博識以上の存在に心を動かされてきた。》

「実物」を知るということはやはり刺戟的である。知らない方がいい場合もなきにしもあらずかとも思うが。




[PR]
by sumus2013 | 2016-04-17 20:49 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< ポルトリブレ・ラストワルツ ここが私の東京 >>