林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ここが私の東京

f0307792_19240783.jpg


岡崎武志『ここが私の東京』(扶桑社、二〇一四年四月一五日、挿画=牧野伊三夫、装丁=四月と十月デザイン室)読了。『上京する文學』の続編のようでありながら、よりいっそう岡崎カラーがはっきり出た優れた評伝群だと思う。それはその人選にはっきり現れている。佐藤泰志、出久根達郎、庄野潤三、開高健、藤子不二雄A、司修、松任谷由実、友部正人、富岡多恵子、石田波郷。個人的にも画家が三人(富岡多恵子の巻に出る池田満寿夫を数える)登場するのでこれは嬉しいし、ある程度彼らの著作を読んでいるので共感できる度合いが高い。

岡崎武志『上京する文學』(新日本出版社、二〇一二年)

近年、文学者評伝に新風をもたらしたのは大村彦次郎氏であった(小生も『荷風 百間 夏彦がいた 昭和の文人あの日この日』には挿絵を描かせてもらった)。一時そのストイックな文体が若い読者にも受け入れられていたのを身近に知っている。今、大村氏の後を受けて新風をもたらしているのが岡崎評伝であろうか。シリアスでありながらより軽やかで洒落っ気もありサゲに当るような仕掛け、サービス精神にあふれている。

もうかなり前、一九九〇年代後半になるが、『海浪』という花田知三冬さんの個人雑誌に岡崎氏がユニークな視点から文芸評論を書いていたことを思い出す。氏の処女単行本が『文庫本雑学ノート』(ダイヤモンド社)で一九九八年だというから、上京はしていたが、まだブイブイいわせてはいなかった時代。その『海浪』で読んだ川端康成の『伊豆の踊子』についての論考が今も記憶に残っている。手渡すという行為から川端文学を読み解く鮮やかさ。まるで手妻にしてやられた感じだった(今、検索してみると『雑談王』に収録されている「人が人に手渡すものー「伊豆の踊子」を読む」である)。その時の印象が本書を読んでいると甦ってきた。

巻末書き下ろし「これが私の東京物語」で自らの来し方を振り返り、角田光代さんとの共著『古本道場』リリース直後の直木賞受賞、『読書の腕前』又吉直樹氏の帯文数ヶ月後の芥川賞受賞に触れて氏はこう書いている。

《そう考えると、私には一種の「運」があるのだと言えるし、逆に言えば、「人の褌で相撲を取る」典型である。そのほかで大ヒットした作はなく、いかなる名の受賞歴(候補にさえなっていない)もない。輝かしき文歴は何も持たないのである。素浪人という言葉が思い浮かんだが、拠るべき主人も城も藩もなく、ペンという刀一本でフリー街道をひたすら歩いてきたわけだ。本当に、我ながらよくやってきたものだと思う。》(「これが私の東京物語」)

これじゃまるで富岡多恵子じゃないですか。

「私はツキを人にあたえる女なのよ、私と一緒になったらその男は成功する」(池田満寿夫『私の調書』、本書192頁)

素浪人けっこう。ペンは刀より強し。新日本出版社から扶桑社まで! この幅広さで颯爽と闊歩して欲しい。

f0307792_19240639.jpg

f0307792_19240447.jpg

もうひとつの本書の目に見える特長は牧野伊三夫氏の装幀と挿絵である。カバーを廃し、さらにあえて貼り題簽にしたところ、表紙の版画。いずれも古本者にはたまらない。目下のところ岡崎武志のベストパフォーマンスなり。


[PR]
by sumus2013 | 2016-04-16 20:56 | 古書日録 | Comments(0)
<< エーコのエーコ 木村伊兵衛パリ残像 >>