林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


無花果観桜会2016

f0307792_21085701.jpg


毎年恒例のいちじく観桜会が高津宮で催された。今回は十時梅厓(ととき・ばいがい、寛延二1749〜享和四1804)の特別展示室が設けられ、真贋の基準がはっきりしないこの書家・画家の実像に迫ろうという企てが行われた。木村蒹葭堂の周辺人物として梅厓を研究されておられる橋爪節也さんが梅厓についてレクチャーをしてくださった。正直、絵にはあまり感心しなかった(実際、濫作の時期があって雑な絵も多い。ただし絵心は感じさせる)。字の方がはるかに年季が入っている。

f0307792_21085519.jpg


お元気な姿を見せて下さった肥田皓三先生(八十六になられるとか!)に梅厓の手になる陶淵明詩の折本を説明する橋爪氏(左)。これが間違いなく梅厓の真筆と考えていいもので、基準作になるという。署名と印がまず注目に価する。

f0307792_21085355.jpg


f0307792_21085081.jpg

梅厓の画帳のとなりになぜか町田康『バイ貝』が!(橋爪氏のおやじギャグ)。下の軸も橋爪氏蔵品。他にも多数出ていたが掲載は控える。

f0307792_21084075.jpg

梅厓の他には一般もちよりイチジク(一軸)部屋もあり、そちらに小生は昨日の小西来山などを持参した。こちらもいつにも増して佳作が多かったように思う。なかでちょっと驚かされたのは、P・Bさん持参の矢野橋邨作の娘の絵(下は部分)。ふつうに知られている橋邨の作風とはまるで異なる大正リアリズムだ。何かの記念にポートレートとして制作されたものだろうか?

f0307792_21083613.jpg

毎度ながらたいへん勉強になりました。

[PR]
by sumus2013 | 2016-04-09 21:39 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 花森安治の編集室 文庫版 けられとてちん >>