林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヨーグルトおばさん

f0307792_20414413.jpg


堀江敏幸『その姿の消し方』はフランスの古絵葉書に記されていた「詩」とその作者について書かれた物語である。小生も最近は古絵葉書を漁ることに愉しみを見出しているので(主人公が絵葉書を探すシーンはとくに興味深く読んだ。以前は絵葉書を繰るのがかったるいと思ってチラッとしか見なかったのだが、最近は絵葉書の愉しみに目覚めたのだ。何しろ安い、0.5ユーロから買える。

《古物市に出くわすたびに絵はがき屋を探し、該当県の箱を漁ってみる。手ぶらで帰らず、店番の人にこういうものがあったら連絡をくれと頼んでおく。それを半年以上重ねたある日のこと、ロワール地方の店から、お望みの品らしき一枚が入荷したので購入を希望するかどうか知らせてほしいとの封書が送られてきた。》

《私は古物市のスタンドだけでなく専門店にも足を伸ばして、アンドレ・Lの詩と「彼の家」の絵はがきを探し求めた。》

《ところが、二枚目のはがきを買ってから一年半後、私はもう一枚、アンドレ・Lの言葉を、今度は露店ではなく、入場料を取る大きな古物市の店で手に入れたのである。二度目の奇跡はもう奇跡ではなくなる。驚きよりも喜びが勝った。

ひょんなことから「私」は市場でピランデッロの演劇ポスターを買った。そのとき隣に店を出していた絵葉書屋のおばさんからも声をかけられた。このおばさんがいい。

《視野の左手に流れた横並びの木箱、そして図書カードみたいに分類されたはがきの塊の色ですぐにわかる。ここだよと、おばさんは私を見ながらすでに指をさしている。役者さんの絵はがきはここ、映画のポスターを縮めたやつはここ。申し訳ないけれど、とくに演劇に興味があるわけではないんです、たまたま芝居のポスターを買っただけで、と私は正直に告白した。じゃあ、なにに興味があるんだい。彼女は目を見開いてこちらを見る。フランス西南部の地名を口にすると、おばさんはなんだい、声を掛けてみただけなのに、ちゃんと探しものがあるとはねと言い、黄色いインデックスが飛び出ている箱のひとつをさっと流してよこした。》

うん、うん、こんな感じである。

《ひととおり見終えたとき、正面でかちゃかちゃなにかをかき混ぜる音がするので顔をあげると、おばさんが小さなダノンのヨーグルトを食べていた。固形物ではないのにちゃんと噛んでいるところが、なぜか私の心をゆさぶった。昼を食べてないからね、二日酔いだし、あたしにはこれでじゅうぶんだ、とスプーンを口から抜いて彼女は言う。》

アンドレ・Lの絵葉書を見つけてからほぼ十年ぶりにパリにやってきたとき「私」は別の市場でもう一度このおばさんに出会う。

《フランス西南部のはがきはありますか。すると、あのときとおなじ表情で、おばさんはヨーグルトを食べながら、そこ、と口から出したばかりのスプーンの先を隅の一箱に向けた。そして自分では取り出さずに、好きに探しておくれとつづけた。声が以前より小さくなっている。》

前のときもこのときも「私」は鯨の絵葉書を買う。どちらも変らず二ユーロだった。

《二ユーロ差し出すと、スプーンを口にくわえて自由になった右の掌で彼女はそれを受け取り、腰の辺りに巻いた鯨みたいな形の黒いポシェットの底に、かちゃりと落とした。》

上の並べた絵葉書はパリで買ったもの。下はごく最近京都で買ったもの。

f0307792_20414783.jpg

f0307792_20414913.jpg


よくよく見ると、微細な印刷に手彩色である。消印が読みにくいが「04」とあるので一九〇四年であろうか。この一枚、二ユーロよりは少々安かった。


[PR]
by sumus2013 | 2016-04-05 21:24 | 古書日録 | Comments(0)
<< 喫煙は殺す 花森安治伝 文庫版 >>