林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブゾーニざんまい

f0307792_19421725.jpg


昨夜はかなり久しぶりの演奏会へ。京都府立府民ホール・アルティで開催された「ブゾーニ生誕150周年記念 サラ・デイヴィス・ビュクナー ピアノリサイタル」。チケットを頂戴したのである。サラ・デイヴィス・ビュクナーについてはこの記事が参考になる。

Style: Crossing the Concourse | The New York Times


サラは若き日、フェルッチョ・ブゾーニの教え子たち何人かから、そして義理の娘ハンナからも多くのことを学んだのだそうだ……というようなことを壇上に登場していきなり日本語で話し出したのには驚かされた(いちおうカンペを見ながらです)。ほぼ同じ内容がパンフレットに記されている。それによればサラはベアテ・シロタ・ゴードンとも親しく交わっていた。

《彼女はブゾーニの最も重要な弟子のひとりであったレオ・シロタの娘でした。ベアテはGHQの一員として日本国憲法草案作成に携わり女性の権利を主張し「男女平等」を憲法に盛り込むために尽力した事でも知られます。シロタとミュンツ[ポーランド人ピアニスト]は、東京芸大や桐朋学園の教授として多くの日本人を指導しましたが、彼等がこの日本で抱いた親愛の情は私の日本に対する親愛の想いと重なります。また、ブゾーニには日系女性ヒデと結婚した息子ラファエルとの間にキキという名の日本の血を引く孫もいたのです。今回このプログラムを組んだ時、私はとりわけ日本で演奏したいと思いました。》

そのプログラムは以下の通り。

・ブゾーニ エレジー集
・J.S.バッハ アリアと変奏曲(ゴールドベルク変奏曲)ブゾーニによる自由編曲
・A.カゼッラ ピアノのための6つの練習曲Op.70
・F.リスト パガニーニによる大練習曲 プゾーニによる自由版

「エレジー集」がいきなりぶっとんだ。一九〇六年の作曲らしいが解説にはこうある。

《フェルッチョ・ブゾーニの心髄はロマン主義者であったと私は思います。魅力的かつ調和のある大胆さとその伝統的で驚くべき豊かなスケール、それはつまりバッハからイギリス民謡、そしてリストとスクリアビンへのすべてをその7曲のエレジーに見出すことができます。》

そんなものかなとも思うのだが、絵画になぞらえればフォーヴィスムからキュビスムへ移行している感じ。破壊と建設の音……ようするに「騒音」が大都市の風景を起想させた。アルティは音響効果が素晴らしい。ピアノ(ヤマハグランドピアノCFX)の音が迫って来る。正直驚いたのは、その強烈な音の波動のなか、最前列に座っている観客の何人かがいきなりうつらうつら船を漕ぎ出したこと。会場の室温がやや高かったことにもよるのかもしれないが、人間どんな状況でも寝られるもんだなあと改めて感嘆したしだい。

「ゴールドベルク変奏曲」は熱演だった。カゼッラはブゾーニの弟子だそうだが、まあそんなところか。そしてブゾーニ版のリスト。これも良かった。このへんになると室温も落ち着き、寝ている人はほとんどいなかったように思う(ゼロではなかったかも)。ブゾーニの音に馴れたということもあるかもしれない。アンコールはジュリアードの学生だったサラ(デイヴィス)が作った短い曲を。

楽譜も置かない完璧な演奏(かどうか、素人耳にはそう聞こえた)。ブゾーニ弾きは何人かいるらしいが、機会があれば聞き較べてみたいものだ。演奏もさることながらこのキャラクター、注目していいピアニストである。

なおこの日の演奏はNHKBSプレミアム「クラシック倶楽部」2016年6月10日朝5時から放映されるそうだ(NHKFM「ベストクラシック」でもオンエアされるようだが放送日未定)。会場にはカメラが五台ほども配置されていた(二台はオートマチックだった)。写っているかも……。

[PR]
by sumus2013 | 2016-04-02 20:44 | おととこゑ | Comments(0)
<< その姿の消し方 初期絵画とペン画 >>