林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古本屋写真集

f0307792_20094382.jpg

岡崎武志×古本屋ツアー・イン・ジャパン 古本屋写真集』

刊行記念トークイベント

出演:岡崎武志 小山力也古本屋ツアー・イン・ジャパン)

開催日時:4月17日(日) 17時からスタート(16時30分開場)

場所:コクテイル書房(高円寺)場所は以前と同じです。

杉並区高円寺北3-6-13(北中通り

入場料:1,500円

定員:20名(完全予約制)お早めが安心

予約:盛林堂書房にメール又はFAXにて(電話は不可)

 Eメール:seirindou_syobou-1949@yahoo.co.jp

 FAX:03-6765-6581


『岡崎武志 × 古本屋ツアー・イン・ジャパン 古本屋写真集』刊行のお知らせ


***



野呂邦暢古本屋写真集』はあっという間に売り切れたらしい。この度は岡崎氏と古ツア氏の古本屋写真対決(!?)。スゴい店ばかり。

f0307792_20093969.jpg
岡崎氏と天牛新一郎翁。なんとも素晴らしい写真だ。上段は若き日の善行堂!


f0307792_20094100.jpg
パリの古本屋で「不明」となっているが、聞いてくれればよかったのに(笑)。サンジャック通57のヴィーニュ書店(Librairie Vignes)。クリュニィ美術館、パリ第三大学(ソルボンヌ)のすぐそば。『ちくま』の表紙にもここを画かせてもらった。



f0307792_20093618.jpg

f0307792_20092487.jpg
古ツア氏の写真はさすがスタイリッシュである。夜の古本屋が多いのも特徴的。昼の顔、夜の顔……いいね。

巻末には二人の対談あり。結語はこんなことに。

古ツア でもこれだけ集めると、やぱぱりぐっと来ますね。
岡崎 全部個性的やね。
古ツア ちょっと変態的かもしれないけど、古本屋さんて非常にフォトジェニックだと思うんですよ。
岡崎 絵になるよね。そう思うのは僕たちだけか(笑)。
古ツア 実際この写真集より、ブックカフェ写真集を出せば、そっちの方が売れそうな気が(笑)。
岡崎 でも、独特の脱力感があって、気持ちをなごませるんだけどね。この写真集がきっかけで、全国から撮りだめた古本屋写真が集まってくるといいな。
古ツア そうなると、読者による『古本屋写真集』が、いつかできそうですね。》

そうそう、以前の daily-sumus では「あちこち古本ツアー」というカテゴリーを設けていた。考えてみればすでに消えてしまった古書店も少なくない。思いの外、変遷の激しい業界なのかもしれない。

あちこち古本ツアー

[PR]
by sumus2013 | 2016-03-31 08:40 | おすすめ本棚 | Comments(2)
Commented by 岡崎武志 at 2016-03-31 11:00 x
林さん、いつも紹介や告知、ありがとうございます。最近は、同じ国分寺市民の画家・牧野伊佐夫さんとつるんでおります。8月は京都入りしますので、またお目にかかれれば幸いです。
Commented by sumus2013 at 2016-03-31 14:53
8月、善行堂の還暦祝いですね!
<< ゆきゆきて 桜伐る馬鹿? >>