林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


イメージとしての唯一者

f0307792_19575813.jpg


大月健『イメージとしての唯一者』(白地社、二〇一六年四月一七日)が出来上がった。亡くなって早二年になろうとしているのである。

大月健さんのことなど

本書には「辻潤覚え書き」「更科源蔵論・詩集『種薯』の世界」「虚無思想雑誌探訪」「尾形亀之助・異稿をめぐって」「イメージとしての唯一者」の五つの論考が収められ、巻末には大月さんの略年譜が編まれている。ネット上においてはまだ他に誰も引用していないようなのでここに主要な事項だけを抜いておく。執筆文献はごく一部のみ採録した。

一九四九年
二月十一日、岡山県上房郡賀陽町納地(現・加賀郡吉備中央町)に生まれる。

一九六七年 
県立賀陽高等学校卒業。

一九六八年
五月、小説「契り」(私家版)
京都、大谷大学での司書講習を受講する。

一九六九年
京都大学農学部図書室に、臨時職員として採用される。

一九七〇年
京都大学農学部に本採用となる。

一九七二年
八月、篠原静代と結婚、左京区一乗寺に住む。

一九七四年
「辻潤覚え書き」を『コンミューン今再び』(のちに『而シテ』と改題)創刊号に発表。

一九八一年
『而シテ』十一号で寺島珠雄と対談。
十二月、『虚無思想研究』創刊。

一九八二年
「唯一者辻潤」を『辻潤全集』別巻(五月書房)に執筆。

一九九〇年
「日本のダダ」を『思想の科学』十月号に発表。

一九九一年
「無能の人」を『ガロ』に発表。

一九九六年
四月、ダダイスト辻潤展。

一九九七年
四月、個人誌『唯一者』を創刊。

二〇〇四年
『日本アナキズム運動人名事典』(ぱる出版)に執筆。

二〇〇六年
「橋本傳左衛門と満州国関係資料」を『社会システム研究』十三号に掲載。

二〇〇九年
「『京大俳句』復刊に向けて」を『京大俳句』復刊準備号に執筆。

二〇一二年
七月、体調不良を訴える。
八月、食道ガンで余命一年の告知を受ける。

二〇一四年
四月、ホスピスに入院。
五月十七日、九時五十一分、永眠。

f0307792_19580068.jpg


虚無思想雑誌探訪」は日本における虚無思想の歴史が概観され具体的個別的な紹介もなされている有益かつ長大な論文。その末尾にこのようにあるのが目に付いた。

《「労働することで人間は自由になり、労働の対象のなかで人間は自由に自己を現実化する」とはマルクスの言葉である。人間の本質を労働に見出そうとする。大沢正道が着目したのは彼ではない。フリードリッヒ・シラーである。彼は「人間はまったく文字通り人間であるときだけ遊んでいるので、彼が遊んでいるところでだけ彼は真の人間なのです」と云っている。》

《"個"は余白の世界を埋める遊戯においてはじめて発現することが可能となる。自由クラブの時代に"個"を主張した彼は、志向する全体革命のなかで"個"の救抜を遊戯の復権によって果たそうと試みるのである。》(大沢正道とジェームズ・G・ヒュネカー)

そしてこの論文は次の一文で締めくくられる。

《権力と反権力と云う政治力学はどこまでころんでも無権力状態に到達することはない。ヒュネカーの創造力は容易にそれを果たすのである。芸術によって、彼は政治を無化することを志向する。》


大月健「イメージとしての唯一者」 三月書房のブログのようなもの

[PR]
by sumus2013 | 2016-03-22 20:46 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 河口から 市川箱登羅日記 >>