林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


戦後発展全国工業博覧会

f0307792_20291410.jpg


『大正十年写真通信』NO.90(大正通信社、一九二一年九月一日)より「京都岡崎公園の工業博覧会==鳥瞰全景」。

これが現在のどの場所に相当するのか? あれこれ調べてみるとどうやら「みやこめっせ」に当るようだ。以前このブログで引用した岡崎公園の写真にこれと同じ双子の三角塔が写っていた。

三條廣道辺り「都ホテルから岡崎公園方面を眺めた風景」

大正十年の工業博覧会とは「戦後発展全国工業博覧会」(1921年07月05日~年09月05日)である。

《会場の京都岡崎公園には、第1会場から第2会場までつくられ、場内にエレベーター付き約36メートルの納涼高搭が聳え、観客は会場内外を展望することができた。建物は本館ほか第1、第2、第3の工業館や工業別館もでき、南洋館、特許館、参考館、衛生館、演芸館などが建ち、台湾喫茶店もつくられた。余興として演芸館では南洋土人の曲芸や活動写真があって、打ち上げ花火や仕掛け花火は会場に興趣を盛り上げた。そのほか高空放射砲や戦車なども展示された。》(乃村工藝社 博覧会資料COLLECTION

上の俯瞰図は三十六メートルの高塔から撮影されたのだろう。

《明治・大正・昭和(戦前)にかけて、岡崎では数多くの博覧会が催されてきました。明治28(1895)年の第四回内国勧業博覧会と平安遷都千百年紀念祭を皮切りに、主だったものだけでも、大正4(1915)年・大典記念京都博覧会、大正10(1921)年・戦後発展全国工業博覧会、大正13(1924)年・万国博覧会参加五十年記念博覧会、大正14(1926)年・皇孫御誕生記念 こども博覧会(京都)、昭和3(1928)年・大礼記念京都大博覧会などなど。こうした博覧会や祭典が繰り返し開催されるなかで、岡崎は京都を代表するハレの場として発展していき、今もさまざまなハレのイベントが開催される場所となっています。》(【府大コラボ】博覧会時代の痕跡をさがせ!コース

『大正十年写真通信』NO.90には皇室、軍事関係の報道が多い。あとは労働争議もいくつか。そんななかでバートランド・ラッセル来日の写真があった。

f0307792_20291207.jpg

学者思想家と会見したと書かれているが、そのメンツはどんなものだったのか。検索してみると東京朝日新聞(1921年7月27日付)にその様子が報道されていることが分った。

吉江狐雁、石川三四郎、大杉榮、堺利彦、昇曙夢、桑木厳翼、姉崎正治、上田貞次郎、阿部次郎、和辻哲郎、北澤新次郎、鈴木文次、杉村楚人冠、新居格、与謝野晶子、福田徳三

なかなかのメンツ。『写真通信』では与謝野晶子とのツーショットに切り取られている。編集者の苦心がうかがえようか(朝日掲載写真は大杉と差し向かいの写真!)。詳しくは下記参照。

バートランド・ラッセルのホームページ



[PR]
by sumus2013 | 2016-03-18 21:02 | 古書日録 | Comments(0)
<< 詩人と本棚展 私の蒐めた木山捷平展 >>