林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


関屋敏子

f0307792_19391986.jpg



菅野俊之氏より『福島民報』の連載記事「ふくしま人196〜200 関屋敏子」を頂戴した。関屋敏子と言えば竹久夢二が作詞した「宵待草」の歌唱で知られるが、それ以上の知識はなかったのでたいへん興味深く読ませてもらった。

宵待草 関屋敏子

明治三十七年三月十二日東京小石川区生まれ。父は福島県二本松出身の関屋祐之介。二本松藩医の家に生まれたため医師をめざしてドイツ留学までしたが、一転、日本郵船に入社、実業家として成功したそうだ。

敏子の母愛子は明治政府の外交軍事顧問だったル・ジャンドル(Charles William[Guillaum]Joseph Émile Le Gendre)と松平春嶽(第十六代越前福井藩主)が腰元に生ませた池田絲(絲の母が自害したため家臣の池田兵衛に預けられた)との間にできた子。池田家が貧窮したため絲は芸者になっていたが大隈重信らからル・ジャンドルの妻(米国に本妻があった)になるよう説得されたそうで、長男の録太郎は十五代目市村羽左衛門(敏子の伯父)となり、孫の敏子は世界的な声楽家となった(母に関する情報はウィキより)。

ル・ジャンドル(ルジャンドルとも)の父は彫刻家(Jean-François Legendre-Héral)でリヨンの素描学校の教師だった(フランス語のWikipediaによる)。フランス各地に新古典派風の写実的な人物像などを残している。リヨンのサン・ピエール公園に息子(すなわち敏子の祖父)をモデルとした少年ジョットー像(画家の Giotto)が設置され今も見られるようだ。

Statues dans le jardin Saint-Pierre à Lyon

ル・ジャンドルはアメリカ人の娘と結婚して渡米、帰化した。アーティストの息子だったにもかかわらず戦争が大好きな人物だったようで南北戦争に志願。頤と首、鼻と左目を撃たれながらも生き延びたという猛者。その後米国領事となり厦門(アモイ)に着任、中国政府との折衝に当った。帰国の途中日本に立ち寄り台湾問題の武力解決を政府に勧めたことがきっかけで米国領事を辞して明治政府の軍事顧問となった。その結果、絲を日本人妻とすることになり、ひいては敏子も生まれたわけである。

敏子は三浦環やイタリア人テノールのサルコリーにレッスンを受け、東京女子師範学校から東京音楽学校へと進む。しかしドイツ系音楽教育になじめず一年で退学。大正十四年に初のリサイタルを開いた。東京放送局から敏子のアリアが放送され広く名前を知られるようになる。昭和二年から三年にかけて父とイタリアへ。ミラノやボローニャで学んだ後、ミラノ・スカラ座のオーディションに合格、ヨーロッパ各地の舞台に立ちSPレコードも吹き込んだ……さらに活躍は続くが、それは菅野氏の記事で読んでいただきたい。昭和初期における絶頂を過ぎると悲惨な最期が待っていた。

f0307792_19311563.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2016-03-05 21:07 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< PITMAN'S SH... 篠小竹草稿 >>