林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
「本は宝だ」とある古本屋..
by sumus2013 at 19:31
売れない本はゴミとして処..
by epokhe at 16:01
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カサットの読む人

f0307792_21062760.jpg


『MARY CASSATT』(Flammarion, 1989)。これはフランス語の本だが日本で買った(ブです)。メアリー・カサットは一八四四年生まれ。日本の年号で言えば弘化元年。「あさがきた」のモデル広岡浅子が生まれたのが嘉永二年(一八四九)だから五つ年上ということになる。浅子と同様に株取引や銀行を業とするアッパーミドル・クラスの家に育っているが、進取の気性の女性としてそれ相当な苦労をしたようだ。

f0307792_21063576.jpg
「音楽の催し」1874


カサットの仕事をざっと眺めるとその画風には印象派前夜から印象派そしてより装飾的なナビ派へと移っていく時代の流れがそのまま反映しているように思われる。

版画の仕事は一八九〇年に始めたようだが、そのきっかけは同年エコール・デ・ボザールで開催された浮世絵展(exposition d'estamps japonaise)をドガと連れ立って見に行ったことだったらしい。カサットはドガの友人であり弟子であった。

f0307792_21063373.jpg
「本を読む女性」1878


それはゴッホが浮世絵を買ったことでも知られる「ビングの店 La Maison Bing」のサミュエル・ビングが企画した展覧会だった。

《ビングが1890年に開催したエコール・デ・ボザールでの展覧会で浮世絵を見た美術愛好家のレイモン・ケクランは、その衝撃を「何という驚きだったろう。2時間にわたって私は、その鮮やかな色彩に熱狂していた。花魁、母親の姿、風景、役者、すべてに見とれた。展覧会で売られているカタログと参考書を鞄の中に詰めこみ、その夜私はむさぼるように読んだ」と記した。また、同展覧会の組織委員の一人だったエドモン・ド・ゴンクールの友人ジェルベール夫人のもとで働いていたマドレーヌ・ヴィオネも浮世絵に衝撃を受け、浮世絵の収集を始めた。ヴィオネは後に、“バイアス・カット”という画期的な裁断法を発見するが、このアイデアを組み立てていく際の土台になった一つが着物の直線的な裁断であった》(ウィキ「サミュエル・ビング」)

カサットも同じように昂奮して刺戟を受けたに違いない。油彩画やパステルで親子像や家庭の情景を数多く描いているわけだが、穏やかなそれらの作品も悪くはないにしても、独自性という意味では浮世絵にインスパイアされた版画作品群がもっとも輝いているように思う。

f0307792_21063130.jpg
「物思わしげに本を読む女性」1894


[PR]
by sumus2013 | 2016-03-03 21:19 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 篠小竹草稿 法令マニュアル >>