林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


女性に関する十二章

f0307792_19545997.jpg


伊藤整『女性に関する十二章』(中央公論社、一九五四年九月一〇日四十九版)。カバーが花森安治。初版だと書いてあったので求めたところ四十九版だった。それはないでしょう、とは思ったが、返品するのもシャクなので仕方なく読んでみることにした。

今読むと何が言いたいのかよく分らないところもある。自慢たらたらなところも、戦中のうっぷんを晴らしているような感じもある。当時の世相を見るという意味では参考になる。

例えば、昨日の報道ステーションで特集していた日本国憲法の第九条は誰が発案者かという問題について。時の総理大臣・幣原喜重郎がマッカーサーに提案した(一九四六年一月)ということが音声記録とアメリカ側の文書によって証明されていた。戦争放棄と幣原の口から聞いてマッカーサーは驚いたそうだ。この件について伊藤整はこう書いている。

《伊藤整家において戦前から内緒で実現していたような種類の女権拡張または女性崇拝的な新秩序を日本国にもたらし、日本の女性の力で日本男子どものアラギモを取りひしがしめ、再び日本男性がアメリカやイギリスの男性を脅かすような、勇気や武器を決して持てなくしてやろう、と決意して、そのとおり実践したのが、かの連合国総司令官であったマッカーサア君でありました。》

事情通らしく思える伊藤整でも平和主義はマッカーサーの意向だったという誤解を避けることは出来なかったようだ。その後の憲法草案ではスッタモンダが起こったわけだから部外者のインテリたちは大体誰もがそういう認識だったのかもしれない。さらにつづけてその後の展開をこう説明する。

《しかしマッカーサア君はアメリカの男性の安泰を願うあまり、少しやりすぎたようであります。氏が解任される少し前に、朝鮮の戦争が起きました。アメリカの青年が主としてその戦いを戦いました。そしてあるものは傷つき、あるものは死にました。これは第三次世界大戦の始まりであるとか、近いうちに原子爆弾の戦争が始まるなどという流言が飛びました。その頃から氏は、日本男子に再び多少の勇気を持たせ、彼等を再び武装させ、アジアにおいてアジア人を戦わせることが、アメリカ人の安泰により多く資するユエンである、と考えるにいたったようであります。》

マッカーサーが現人神に取って代わっていたのか……と思えてしまう。さらに話はマッカーサーが七人目の妻を持つことへ移って行くが、あまり馬鹿馬鹿しいので(大真面目なことほど馬鹿馬鹿しく見えるのかもしれないが)引用は控える。

[PR]
by sumus2013 | 2016-02-26 20:45 | 古書日録 | Comments(5)
Commented by 牛津 at 2016-02-26 22:06 x
ウウ――ン、続きを読みたいな。全集なら図書館にあるので、借り出そうかな。新書版の方が味があるのだが。
Commented by sumus2013 at 2016-02-27 08:43
牛津先生好みの一冊かも知れませんね。チャタレイについても書かれております。少し前なら均一にいくらでも転がっていた本ですが、今は多少値がついているようです。
Commented by 唐澤平吉 at 2016-02-27 08:55 x
47版とはすごいですねえ。いまの村上春樹さんやピース・又吉さんに劣らぬ人気ですね。植田康夫さんは「この本がベストセラーになった要因の一つは花森のカバー装幀とカットであったとおもわれる」と『本は世につれ』に書いていました。やはり花森の装釘を集めた本をつくらないといけませんね。
Commented at 2016-02-27 08:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2016-02-27 17:44
ベスセラーになるような内容ではないように、今読むと思えるのですが、やはり時代の流れに棹さしたのでしょうね。花森の装幀はいいですねえ。カットも。ぜひ作りましょう!
<< 戦後障害者福祉における「相談支... 画人蕪村 >>