林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


たばこ娘

f0307792_19590439.jpg


『オール読物』昭和二十二年二三月合併号(文藝春秋新社、一九四七年三月一日、表紙画=岩田専太郎)。これは目次頁に佐野繁次郎の絵が使われている。佐野資料箱のなかを少し片付けようと思って引っ掻き回しているときに見つけて久しぶりで頁を繰っていたのだが「あれまあ、この小説が載ってたか!」と驚いた。

それは源氏鶏太の「たばこ娘」。いつだったか、かなり前になるが、誰か信頼すべき評論家かあるいは小説家だったか、源氏鶏太は「たばこ娘」がいちばんいいというようなことを書いていたのを読んだことがある。それ以来機会があればぜひ読んでみたいと思っていた。思っているだけで二十年くらいは過ぎ去った。灯台下暗し。もう何年も前からこの箱のなかで眠っていたわけである。

挿絵が茂田井武というのも嬉しい。さすが文藝春秋社というべきか、他にも鈴木信太郎、清水崑、三芳悌吉、清水三重三、林唯一、横山泰三、宮田重雄、高澤圭一等、挿絵陣がなかなかのもの。

f0307792_19590253.jpg


大阪の梅田駅あたりで闇の煙草を売っている娘ツユ。彼女から毎日のように煙草を買う「兄さん」。登場人物はほぼこの二人だけ。語りは「兄さん」の独白体。源氏鶏太(田中富雄)は富山出身だが昭和五年から大阪の住友本社に務めていた。その頃重役だった川田順は源氏が小説を書くことを応援してくれたそうだ。

《たばこ娘とは、ツユに私がつけた名である。ツユは道で闇煙草を売つてゐる女だつた。年は十八歳だといふが、しまり肉の小柄、ひと口に云へば、狆を想像させる、複雑で見飽きのしない顔をしてゐる。》

《私はツユの煙草に対しては、いつの頃からか十五円払ふことにしてゐる。外の女はピースが十七円、コロナが十八円で売ってゐるときでも、十五円しか払はない。ツユも私にだけは、そんな闇の協定値の違反を黙認してくれる。》

《いつたい私は煙草をのみ過ぎるやうだ。昔は日に七八十本から百本は吸った。昔のバットは実にうまかつた。あれにくらべて、今のピースやコロナが高級煙草なんて、ちやんちやらおかしい。朝起きると寝床の中で先づ三本、顔を洗つて二本、それから際限もなく、私の煙草生活がはじまる。》

《私は預金が封鎖になるとき、一番これからの煙草が心配になつた。あるだけの金で光を二百個買つた。私は二百個の煙草を机の上に並べて快心の笑みを洩らしたものだ。然し、その煙草は一ケ月とはもたなかつた。》

月給日前には煙草が買えなくてイライラする。そんなときツユが一箱恵んでくれる。吃驚したがありがたくもらって続けざまに貪り吸った。《私はふつとツユの表情のなかに、成熟した女を感じた。》

ところがしばらくツユが姿を見せなくなった。

《『どうしてゐたんだ。』
『あの日、うつかりして、警察へ連れていかれた。』
『ぼやッとしてるなア。』
 私にやつつけられると、いつものツユならすぐ悪態をついてくるところを、今日は怨めしげに私を見上げてゐる。
『ふた晩とめられた。かなはんわ。そいで、暫くやめよう思ふたけど、うちがゐてへんと、兄さん、煙草に困るやらう思ふて、またけふから出て来た。』
『うん、不便だつた。今日は十個だ。』
『十個も?』
 ツユは吃驚した顔になつた。私はにやりとわらつて
『今日は貧乏人とは、いさゝか違ふんだ。』
『嫌やわ。二個なら売つたげる。』
『どうしてだ。』
『十個もいつぺんに買ふたら、兄さん、無茶のみするにきまつとる。それよりなア、うちやつぱし、兄さんから毎日買ふてほしい。』
 終りの方が真面目な口調になつた。
『それなら五個』
『いや。二個。』
『ぢやア、三個。』
『うゝん、二個。』
『こいつ、強情ッぱり。』
『兄さんこそ、強情ッぱりや。』》

f0307792_19590105.jpg

《煙草の良悪は、その灰と火の色を見れば、凡そその見当はつく。光やピースの灰の色はまだいゝけれども、コロナの灰の色の黒さは、煙草の夢を一瞬に崩してくれる。たとえばスリー・キャッスルの灰の色の白さと、あのぼうつと夢を見てゐるやうなやはらかな火の色のよさはどうだ。》

《紙くさい日本の煙草、そしてときには二三回吸ふと、もうニコチンが、手許まで紙にしみでゝくる。私は思ふのだが、昔のチエリイとまではゆかなくとも、せめてバット程度の煙草が早く日本にも出来ないものか。》

「私」は思いがけずツユから手紙をもらう。日曜の朝九時に阪急で待っています、どこかへ行きましょうという。たばこを持っていってあげます。その手紙をもらって「私」はこんなことを考える。

《配給ののぞみの手巻煙草を吹かしながら、かつてツユをこの煙草のやうな女だとたとへたことを思ひだしてゐた。火は薄い灰をかぶつて暗闇の中で仄かに光つてゐる。思へばツユは私の人生のなかで、はじめて一点の灯を点じてくれた女である。私はその灯を見つめてゐるうちに、何か急にツユがいとしいものに思へてきた。それは舶来煙草の如くツンと取澄ました美しさはなくとも、またピースやコロナの如く、見てくれの綺麗さはなくとも、のぞみを想はせる地味な世話女房のあたたかさをたゝへてゐる。》

日曜日の朝、「私」は煙草欲しさもあって阪急の前で煙草を吹かしながらツユを待った。しかし二時間待ってもツユは姿を現さない……。

というくらいで粗筋の紹介はやめておく。

「編輯室にて」にこんなことが書かれている。編輯人は車谷弘。

《アメリカ映画をみずして、現代文化を語る事は出来ない今日、日本の小説も貧寒な私小説だけであつては、どし[繰返記号]大衆の嗜好におき去りをくつてしまふでありませう。もつと小説の取材範囲は拡大され、小説の種類も、多くならねばなりません。》

《従つて、新人作家の推薦にも、大いに力をつくしたいと思つてをります。本号には源氏鶏太氏の「たばこ娘」を紹介いたしました。軽妙な筆致の中に仄かなペーソスが漂つてゐて、なか[繰返記号]面白い作品です。》



[PR]
by sumus2013 | 2016-02-23 21:02 | 古書日録 | Comments(0)
<< 晩秋飛鴉図屏風 宮本常一の風景をあるく 周防大... >>