林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


山水の氷とけつゝ

f0307792_09365949.jpg



筆にきいてんか 画遊人・富士正晴」の講演、なんとか終える。ご来場くださった皆様に御礼申し上げます。

準備していた八割りくらいはしゃべれた。悔いが残るのはPCの操作にもたついたこと。想定外だった。というのは日頃使い馴れたMacのマウスと違って図書館のPCはボタン部分が左右に分かれている(Macの方が少数派でしょうが)。この対応にもたついたのである。またプラスチック製のマウスパッドが滑りやすかった。自宅では布を敷いて使っているのでタッチがまったく違って面食らった。敷布くらいは持参すべきだった。またこれは多少予想はしていたが、手許が暗かった。画像映写のために室内を暗くしたためである。トークの原稿を読むのに骨が折れた。小さい手許照明を用意すべきだった。PC画面の明りでいいかと思ったが甘かった。次の機会があるかどうか分らないが、これらは反省点として覚えておきたい。

二時間近くしゃべるとさすがに疲れた。本日は短冊紹介ですませる。

 山水の氷
  とけつゝ日の
      うつる       京香[印=京香』

字はいまいちながら菜の花が爽やか。これも短冊の紙質からしてそう古い物ではない。昭和戦後か。京香については不明。作者は意識していないと思うが、同じようなモチーフの古歌がある。建長八年(一二五六)の百種歌合より。

 今朝みれはいはまにつたふ山水の氷うすれて春はきにけり


[PR]
by sumus2013 | 2016-02-21 20:30 | 古書日録 | Comments(4)
Commented by at 2016-02-21 21:12 x
お疲れさまでした。とても面白かったです。富士が編集者で作品はコラージュだというご意見に膝を打ちました。
Commented by sumus2013 at 2016-02-22 08:58
編集する思想とでも言うんですかね、材料をできるだけ新鮮なまま見せる、それをつなぐ糊が富士の文章です。その組み合わせに富士の苦心と妙がある。だから小説はもうひとつという鶴見俊輔さんの感想が出てくるのかなとも思います。
Commented by arz2bee at 2016-02-24 17:59 x
 富士正晴がどういう人か殆ど知らないのですが、林さんのきちんとしたお話を聞いたことがないので、講演聞きたかった。二時間と言えば相当の分量ですね。林さんも画遊人というか、マルチの才能をお持ちなので、きっと微細に行き届いく聞き応えのあるお話だったろうと想像しています。
Commented by sumus2013 at 2016-02-24 19:31
またの機会がありましたら、是非ご参加ください。二時間はけっこう長丁場でした。ネタはいくらでもあるので、それは問題ないんですが、最後の方には声が少し嗄れてしまいました。
<< ハーヴェスト 画遊人・富士正晴 >>