林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雪中叭々鳥図

f0307792_19530422.jpg


詩人・評論家の竹内勝太郎(1894-1935)が富士正晴の師匠だったわけだが、竹内の親しい友人(彼らは「心友」と呼んでいた、親友よりももっと深いつながりがある関係だとか)に昨日の船川未乾と未乾の葬儀委員長を務めた榊原紫峰がいた。

二十歳の富士は昭和八年の十一月から榊原家の家庭教師になり、頻繁に紫峰宅に出入りするようになった。当時の紫峰宅は京都市左京区岡崎町宮の脇にあったそうだが、それは現在の東天王町交差点(丸太町通りと白川通の交わるところ)東南角にある「つる家」の真向かいだったそうだ(真向かいというのは北側?)。

この「左京区岡崎町宮の脇」という住所は島田康寛編年譜によるもの。ただこの地名にはやや疑問が残る。というのは明治二十一年にその辺りは上京区岡崎町となっており(旧・愛宕郡岡崎村)、榊原紫峰がその地へ転居した大正七年に「岡崎」という冠称が廃止された。そして左京区に編入されるのは昭和四年である(以上ウィキ「京都市左京区の町名」参照)。

上の絵は昭和七年作の榊原紫峰「雪中叭々鳥図」。紫峰は動物とくに鳥類を好んで描いた。富士正晴が絵を描くことの基本的な態度を学んだのはその紫峰からであったと思われる。富士の親友だった野間宏は当時の富士を回想してこのように書いている。

《この紫峰の日本画、中国画、洋画、彫刻、装飾、一切を自分のものとして、全生命をあげて画に向かう姿は、その時、彼の眼中に住みついたにちがいない》(「富士正晴の出発」)

野間のいう《彼の眼中に住みついた》はなかなか含蓄のある言い回しだ。

竹内勝太郎は昭和十年に黒部峡谷から転落して死亡、まだ四十一歳だった。富士は竹内の仕事を残すことに生涯をかける。遺稿集を何冊かの単行本にまとめたなかに『詩論』(石書房、一九四三年)があるが、その装幀は富士正晴が手がけている。その表紙がこれ。

f0307792_19530203.jpg

彼の眼中に住みついた》榊原紫峰の「雪中叭々鳥図」が富士流に表現されたものと小生は見たい。「雪中叭々鳥図」を紫峰は何点も描いているのでアトリエで目にした可能性は大いにある。この換骨奪胎こそが富士正晴の真骨頂だろう。そういう観点からすると、ここに描かれている黒い鳥はカラスではなくハッカチョウ(八哥鳥)なのではないだろうか? ま、仮にそうでないとしても紫峰の絵との関連は否定できないように思う。

八哥鳥あるいは叭々鳥(ははちょう)はムクドリ科ハッカチョウ属に分類される鳥で中国大陸南部から台湾、ベトナム、ミャンマー辺りに分布する。西日本、南日本へも飛来し、繁殖した例もあるそうだ。南国の鳥である。そういう意味からすると紫峰の雪中に叭々鳥という設定はどうかなと思わないでもない。

ただ中国では古くから画題として取り上げられているし、中国絵画への追従に終始した江戸絵画にも少なくない作例があるようだ。紫峰はそういう古典に倣ったのだろうかとも思う。叭々鳥についてはもう少し書きたいことがあるが、本日はここまで。

以上の話題も含め、明日のレクチャーでは富士正晴の絵画をあれこれと読み解こうと思っております。ご来場お待ち致しております。



[PR]
by sumus2013 | 2016-02-19 20:55 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)
Commented by 唐澤平吉 at 2016-02-25 08:42 x
小生ときどき艶歌をひとり口ずさんでいるときがあります。冬の雪の日は「津軽海峡冬景色」とか「越冬つばめ」とか。高音が出ませんから歌にはなりませんが、越冬つばめの一節に「季節そむいた冬のつばめよ」があり、ふと「季節そむいた冬の叭々鳥・・・」なのかなあ、と思ったりしました。
Commented by sumus2013 at 2016-02-25 08:51
ひねくれた渡り鳥もおりますか、たしかに。
<< 画遊人・富士正晴 未乾の一生 >>