林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


春は来る

f0307792_20200611.jpg


古本の紙くずのなかに文明堂の包装紙がまぎれていた。かなりボロボロだが、そう古いわけでもなさそう。右手に刷ってあるのは西条八十の詩。

 鶴の枕の旅の日を
 なつかしみつゝそゞろ喰む
 文明堂のかすてらの
 甘きうれひに春は来る

絵はおなじみの図柄で現在もこれと同じもの、あるいはもっとカラフルなものが使われている。伊東深水の「伴天連主従図」。桃山時代の南蛮屏風から引用している。落款は《此君汀深水[深]》、深川の生まれにちなむのだろう。

「宮内庁御用達(文)文明堂」と左端に。文明堂の東京店(文明堂東京)は大正十一年創立、同十四年に宮内省御用達になっている。宮内省が戦後、宮内府を経て宮内庁になるのが昭和二十四年だから少なくともそれ以降の包装紙である。

カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂

[PR]
by sumus2013 | 2016-02-17 20:43 | 古書日録 | Comments(0)
<< 未乾の一生 出版編輯事典 上 >>