林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


呪われた本

f0307792_19314373.jpg


田中栞『書肆ユリイカの本』(青土社、二〇〇九年)によれば『心象風景』にはジャケットがあったそうだ。神奈川近代文学館所蔵本についてのくだりにこうある。

《『心象風景』は所蔵する三冊のうち一冊だけにジャケットがあるが、これは和紙に木版刷りと思われるもので、かなり傷んではいるもののよくぞ残っていたと感嘆せずにはいられない》

さらに「牧野信一『心象風景』の謎」という項目もあっておおよそ以下のような事実が記されている。

伊達得夫『詩人たち』のなかに「呪われた本」という一文がある。『心象風景』を宇野浩二の検印紙をつけて二千部発行し配本をすませた翌日、伊達は「一二三頁の裏が一三四頁になっている」のに気づいた。配本したばかりの本を取次店から回収して印刷屋に印刷のやり直しをさせた。しかし訂正後の配本は思うようにできず、残った一千部を印刷所に預けていたところ、一週間後に印刷所が火事になった。本は全部焼失した。

田中さんは国立国会図書館と神奈川近代文学館にある四冊の『心象風景』を調査する。国会の一冊は発行日に訂正があった。カナブンの三冊には訂正貼り込みはなし。上記印刷ミスについては四冊とも差し替えた様子は見られない。印刷し直したなら『心象風景』の場合少なくとも誤植のある頁も含め四頁分を取り替える必要がある。

昨日紹介した小生架蔵本は宇野浩二の検印紙あり、一二三頁の裏は一二四頁である。抜き取り訂正の痕跡はない。

f0307792_20112565.jpg


その後田中さんも古書店で『心象風景』を入手した。ところがその本では二一七頁から二二〇頁までの四頁が貼り込みされていた。改めて上記四冊も調べた所、同じように二一七頁から二二〇頁までの四頁を差し替えた痕跡があった……

その理由は小生架蔵本で明らかである。220とあるべきノンブルが120となっているのだ。けっこうややこしい。とにかくこの本には幾つかのヴァリアントが考えられるということになる。

f0307792_20112799.jpg

f0307792_20311632.jpg


もう一点、国会にある発行日貼り直しの奥付が田中さんの本の図版に出ているが、これもまたちょっと面白い。

f0307792_20490335.jpg
f0307792_20490518.jpg

「6」月であったところを「9」月に訂正しているわけだが、よく見るとこの「9」はどうやら逆立ちした「6」なのではないか? 9だけを別に印刷したのではなく既存の6を切り取って逆さまに貼り直したようにも思える。う〜ん、これもまた謎である。

たしかに伊達が「呪われた本」と呼んだ気持ちがよく判るような気がする。

[PR]
by sumus2013 | 2016-02-11 19:42 | 古書日録 | Comments(0)
<< ストレート・アヘッド 心象風景 >>