林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


春の流行

f0307792_21043577.jpg

「昭和三年 春の流行」(銀座松坂屋)。封筒状になっているパンフレット。封を開くと中に何枚かの新作和装のカラー図版が収められている。五枚残っているが、ノンブルは9まである。少なくとも9枚以上あった。この宛先の住所は「本郷区弓町」。封を開くと……こんなかんじ。

f0307792_21075311.jpg


もう一冊、大判の『昭和三年 春の流行』ポートフォリオもある。こちらは18枚の厚紙に贅を凝らした特殊印刷(木版画のような質感のものもある)の図案を貼付けたものと、木版画の青い和服の女性像一枚が入っている。作者の名前入りのリスト一枚。草葉忠雄、稲垣稔次郎、春日井秀雄、中島須貞麿、内山正夫、佐橋岩次郎、千代宗太郎、福永俊吉。これらのなかで著名なのは人間国宝になる稲垣稔次郎であろう。福永俊吉は後に京都工芸繊維大学教授。

f0307792_21043021.jpg

f0307792_21043286.jpg

《流行は冬から引続いて、青の系統が力強く、春には季節に相応しいコバルト(納戸色)が中心として活躍し之と対照の必要上アップリコット(あんず色)も相当用ひられることゝ思はれます。当店では此の二色の系統を標準に提示いたします。》

《なほ別葉、人物着色図は試みに此の標準の二色の系統で全装を纏めたものであります。》

昭和三年春の松坂屋コレクションではコバルトとアップリコットをシーズンの流行色と決めていたわけだ。だから封筒の色も、また大判の方の帙の色もこれら二色が使われているのだろう。女性の服装としては和服がまだ当たり前だった昭和三年ならば流行色は着物や和装小物に焦点が当っていて当然である。松坂屋だけでなく他の呉服商も同じようなことをしていたのだろうか。実際、本当にこの二色が流行したという証拠のようなものがあればいっそう面白いと思う(例えば、小説の描写とか詩歌の句とか)。

[PR]
by sumus2013 | 2016-02-08 21:58 | 古書日録 | Comments(0)
<< 太宰治の借金 北京彷徨 >>