林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古い国からの新しい手紙

f0307792_20032965.jpg

ヘレン・K・ニールセン『古い國からの新しい手紙』(松本千恵子訳、暮しの手帖社、一九五五年二月二五日、装本=花森安治)。必要あって某氏というかご隠居さんからお借りした一冊。この本についての説明はご隠居さんにお任せする。

ご隠居のブログ

『暮しの手帖』に昭和二十五年から二年間連載された記事をまとめたもの。注目はパリの古本河岸の写真。実存主義華やかなりしころである。

f0307792_20033654.jpg


f0307792_20034020.jpg


f0307792_20034121.jpg


ヘレンの定宿はグランゾーギュスタン河岸にあった《ミディ・ホテル》でここのマダムとすっかり親しくなった。ノートルダム寺院が真向いに見えると書かれているが、グランゾーギュスタン河岸はサンミッシェル広場から西へ伸びているので、この表現は正確ではない。グランゾーギュスタン河岸が東(すなわち上流)へ向かって連続するモントベロ河岸だろうと思う。いずれにせよパリの真ん真中、ホテルも多く集まっている。ただ《ミディ・ホテル》は現存しないようだ。

《河岸の陽あたりには古本屋が並んでいます。傍の小さい椅子には、老爺や老婆が上衣を着たのや、ガウンをひつかけたのや、シャツ姿や、とりどりの服装で、麦わら帽や、ベレーをかぶつて、傘や日除けの下に腰を下しています。お喋りをしたり、いい合つたり、編物をしたり、何かかいたり、店の前をぶらぶらしながら道ゆく人を眺めたり、観光客と取引したり、何か珍しい、すばらしい品物を掘り出そうと勿体ぶつて探しているお得意客のお相手をしたりという具合です。色あせた金文字で題名が入つている可愛い装幀で、ごくさらつと組んであるものや、あかぬけした挿絵が入つていたりする古書、革や羊皮や紙表紙の、モリエールからアナトール・フランスに至る古典や、セロファン装の現代文学、サルトルやアヌイやジロードウのものなど、実に貴重なものから、単なる紙屑のようなものまで、おびただしい数の本の山です。永いこと探しあぐねていた本が、或る日、ひよつこり、ここでみつかるかも知れないのです。
 ここは本ばかりでなく、古い地図や、絵や、版画や木彫等もあります。花や鳥、ナポレオン時代の宮廷美人図、猟犬と共に緑の野を馳る赤い服の猟人たち、白雪の中の赤い寺、さては京都のゲイシャやカブキ芝居の絵なども……》

《ルシアンは本の他に骨董品も商つています。彼は商売が大好きで、雪が降つても、雨が降つても、陽が照つても、ただ小さな木の椅子に坐つているのが好きなのです。河岸だけが彼の人生で、それがなければ生きていられないのでしよう。箱やいれものの中には珍しいもの、古い陶器やブロンズや、石器や宝石その他のものが一杯つまつていて、たくさんのがらくたの中には、すばらしいものもあるのです。》

《それからピエール! 何時も飛び切り上等の御機嫌! 大声で笑つたり、喋つたり、にこにこしたり、笑談を言つたり誰にでも光を投げかける河岸の「太陽」。》

《ピエールは棚から本を一冊とり出しました。それはビクトル・ユゴーが巴里のことをかいた古い版なのです。私たちは日なたに佇んで、注意深く頁を繰つてゆきました。ピエールが指さした文章は「……まこと巴里を眼のあたりに見たる婦人は眼くるめくを覚えて……」
 彼は大声で笑い、まつ白な歯をみせて少年のようにからかうのです。
 私は本でその頬をたたいて、「ピエール、きつと春だからよ」と言つてやりました。》

[PR]
by sumus2013 | 2016-02-04 20:57 | 古書日録 | Comments(0)
<< 田端抄 おたふくの豆まき >>