林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
本文用紙も上質にしました..
by sumus2013 at 11:29
林さん、いい仕上がりにな..
by 岡崎武志 at 08:42
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一年後のシャルリ

f0307792_20451943.jpg

パリから京都観光に来た古本屋さんがお土産にと『CHARLIE HEBDO』の事件後一周年記念号を持参してくれた。ニュースでは聞いていたが、さすがにそう簡単には手に入らないかと思っていたので、しゃれたお土産だなと感心した。

f0307792_20451848.jpg

昨日たまたま見たTVの番組でフランスの学者エマニュエル・トッドがシャルリの事件について話していた。自著『シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧』(堀茂樹訳、文春新書、二〇一六年)の販促(?)に来日しているのだろう。そこで彼は『シャルリ・エブド』は質の悪い小さな新聞でフランスでは少数派のイスラム教徒を笑い者にして人種差別をあおっていた、みんなが「ジュスイ・シャルリ(わたしはシャルリ)」と言ったのには嘘(マンソーンジュ)がある、というような極端な意見を吐いていた。原著の初めには"la France a vécu en janvier 2015 un moment d'hystérie"とあるそうだ。

トッドはソ連崩壊やアメリカ帝国の衰弱を予見したことで名を成した。フランスではそういう突飛な考えを捻り出す人間がしばしば登場するが、そういった一筋縄ではくくれない複雑さがフランス人にはある(トッドも別の著書でそう論じているようだ)。たしかに「ジュスイ・シャルリ」一色だった昨年の今頃はちょっとヒステリックだったというのも頷けないわけではない。テロは文明の衝突なのではなく国内問題である、国内の不平等が要因となっており、反テロで団結するのは、為政者の失政をごまかすために利用されるだけであるとも言っていた。そして移民問題によるヨーロッパの分散をほのめかした(ユーロは残るが、という留保つきで)。この書物(『Qui est Charlie ? : Sociologie d'une crise religieuse』(Seuil,‎ 2015)、フランスではかなり物議をかもしたようだ。

日本については、もっと移民を受け入れなければいけない、完璧主義でなくカオスが必要だというようなことを述べた。昨日ここで取り上げた七福神はほとんど外国の神様だということや国技である相撲の優勝者に十年間日本人がいなかったことをトッドは知らないのだろうか。いや、日本の核武装を提案したほどのトッドだから(これは冷戦下に似たような論理を昔フランス人の知人から聞かされた、すなわち米ソ以外の第三極が必要だという理屈、に似ていると思った)、そんなヒーローばかりじゃなくて悪の要素も受け入れろと言いたいのだろうと思う。

以上記憶で書いたので正確な要約ではないことをお断りしておきます。


[PR]
by sumus2013 | 2016-02-02 21:36 | 古書日録 | Comments(0)
<< おたふくの豆まき 福の神 >>