林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


話の特集

f0307792_19540067.jpg

『話の特集』第118号(話の特集、一九七五年一一月一日、表紙=横尾忠則「谷内(六郎)さん」)。某古書店に『話の特集』が数十冊並んでいた。ほとんどが横尾忠則の表紙。どれも魅力的だったが、いくら気に入っても全部買い締めるような気分の時代は通り過ぎたので一冊だけ選んで帰り、今は本棚に面陳して喜んでいる。横尾の仕事のなかではこの手の肖像写真をペンでなぞってハデに色分けしたイラスト群が好きだ。

面白そうな記事が並んでいる。写真付きの著者紹介ページ、みんな若くて驚いてしまう(例えば黒柳徹子…)。パリという文字で目に留まったギリヤーク尼崎のエッセイ「パリに踊る」を紹介しておこう。七五年の七月七日朝、ギリヤークはアンカレッジ経由でドゴール空港に到着。バスで市内に入った。

《パリの朝は好きだ。
 朝食後、場所探しに出かけた。ルクサンブルグ公園、コンコルド広場、その他パリ市内の名所は、観光客で一杯だったが、どこも警官の取締りがきびしく、とても踊れる状態ではなかった。日本をたつ時の不安が、あたっていた。でも必ず踊れる場所はあると思って必死になって探した。そして、七月九日午後四時すぎ、ソルボンヌ大学のある、サンミッシェルの路上で、『じょんがら一代』を踊った。この作品は、七年間の大道生活の中から生れた私自身の姿だった。赤いジュバンに白い袖なし羽織り、手作りの曲り三味線を背に、ボロ笠かぶり、朽木の杖とゴザを手に、テープレコーダーから流れる津軽民謡の音色と共に、寒風吹きすさぶ荒野の中を、とぼとぼ歩む、「日本人の押し込められた情念の世界」の踊りだ。

 狂気のように踊った。踊り終った時拍手が湧いた。いつの間にか、人垣が出来ていたのだ。投げ銭もあった。後かたずけをして、夢中でその場を去った。もう何がなんだか解らなかった。只間違いなく、パリで踊ったという実感だけだった。パリ警視庁の厳しい監視の目を盗み、街頭で踊ることは大へんだ。翌日から、サクレクール寺院広場、サンジェルマン通り、その他場所を変えて踊った。一回一回が緊張の連続だった。

 そして遂に、十三日の夕方、最もパリ祭の雰囲気のある、コントレスカルプ広場、トルティユ街の路上で、パリの夜を踊った。若者も、老人も、子供も、この日の為に生きていたように思えた。アコーディオン弾きや、ギター弾きの芸人が集まって来て、いやがうえにも景気を盛りあげていた。黒山の輪の中で、『芸人』、『白鳥の湖』、『じょんがら一代』、最後に赤フン一つで『念力』を踊った。四十四年間の生きざまを、必死に踊った。これしか私になかった。踊り終った時、拍手とアンコールで、しばし茫然としていた。突然ひげづらの男がとび出してきて、私の体をしっかり抱き、ホホにキスした。はずかしかったが、私は泣いた。そして嬉しかった。》

ところが、十五日、ついにシャンゼリーゼで警官に捕まって連行された。日本にいたことのあるフランス人のジャーナリストが同行して通訳してくれたので無事釈放された。出るとき警部は「シャンゼリーゼはパリの顔です。その衣裳はちょっと派手過ぎますね」と言った。その後アビニョンに出掛け、パリに戻って、最後の夜はモンパルナスで踊った。熱狂した見物人が胴上げしてくれた。……パリってそんな街だったのか。

f0307792_19535791.jpg


他には「おや?」と思わせる広告が載っていた。

f0307792_19535901.jpg

この手書き文字は横尾忠則だろうか? ある古本屋さんの文字に似てませんか。

[PR]
by sumus2013 | 2016-01-25 20:36 | 古書日録 | Comments(0)
<< 壺 菊地康雄ノオト >>