林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


菊地康雄ノオト

f0307792_17193142.jpg

『木山捷平研究』増刊号(木山捷平文学研究会、二〇一五年一一月一三日)を頂戴した。御礼申し上げます。内海宏隆「菊地康雄ノオト 日本の浪漫と美を索めて」という論考が一冊になったもの。内海氏は前回は大西重利という無名の教育者を掘り下げておられた。

『木山捷平研究』増刊号

そして今回もやはり木山捷平と関係のあった菊地康雄の探求である。菊地は文学事典類にも短いながら項目の立てられている詩人、編集者だったから、探索はかなり広範囲にわたり年譜も詳細をきわめる。労作である。ここでは細かい紹介は省くが、興味のある方はぜひ本誌を繙いて頂きたい。

《唐突だが、さいきん富士正晴に興味がある。詩・小説・評論・随筆・絵画…多岐にわたる彼の為事のうち、私がもっとも興味を持つのは彼の遺した評伝の類だ。竹内勝太郎久坂葉子、桂春団治…ーーその多くは、かれの周辺にかつて実在し・その後忽然と姿を消した人物だがーーそうした人々のことを長い時間をかけて徹底的に調べ上げた上で、愛情と愛惜の念をもって描きあげる。富士正晴のそうした根気強い姿勢に私は心打たれるし、敬意を表するものである(だれにでもできる為事ではない)。富士正晴はそうした為事を「死者を立たす」という言葉で著わす(「死者が立ってくる」『軽みの死者』編集工房ノア、昭和六十年)。》(とりあえずの「まとめ」)

なるほど内海氏もまた《菊地康雄の魂を少しでも「立たす」こと》を試みておられるわけなのだ。

[PR]
by sumus2013 | 2016-01-24 17:33 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 話の特集 蝸牛廬句會 >>