林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


風信第三号

f0307792_20454414.jpg


『風信』第三号(風信の会、一九九一年九月一五日、表紙絵=マックス・クリンガー)。これをざっとめくっていてビックリ。気谷誠氏が「慇懃小説受容史考ーー占領下の翻訳事情と三島由紀夫」という論考および山田俊幸氏との対談で何とクレビヨン・フィスについて言及しているではないか! 『風信』が届いたのと小生が『ソファー』の記事をブログに書いたのは同じ日である!

まず対談の内容から紹介しておく。気谷氏は神保町の古書会館で開催されたぐろりあ会の二日目にクレビヨン・フィス『セクストラ・ヴァガンツァ』(勝見勝訳、五元書庫、一九四九年)を五百円で見つけた。クレビヨン・フィスはきわめて十八世紀的ないいかげんな作家、国会図書館の翻訳書目録によれば昭和二十四年に三冊、二十五年に一冊翻訳が出ただけでそれ以後はない。

ソファー
伊吹武彦訳、世界文学社、1949

セクストラ・ヴァガンツァ
勝見勝訳、五元書庫、1949

夜とひととき
大木登志夫訳、世界文学社、1949

炉辺の戯れ
小林正訳、白水社、1950

『セクストラ・ヴァガンツァ』と『夜とひととき』は同じ小説の異訳。また、今検索するとクレビヨン・フィスの作品は以下のような翻訳がその後刊行されている(河出書房と白水社の版は選集)。

炉辺の戯れ
小林正訳、創元社、1953 (創元文庫 ; B 第96)

炉辺の戯れ
世界風流文学全集第5巻 フランス篇. 第3
小林正訳、河出書房、1956

空気の精
フランス幻想文学傑作選 1 (非合理世界への出発)
鷲見洋一訳、白水社、1982

さらに続けて気谷氏は昭和二十四年には十八世紀フランス文学に関してゴンクール兄弟、サド、ラ・フォンテーヌなどの翻訳が相次いだ、《一八世紀フランス文学の受容史を考えるにあたって、山田さんのいうようにカストリ本の流行に便乗したものと思いますが、どうやら昭和二四年前後に、見逃せないピークがあるような気がします。》と発言しているが、この発言は上記論考に結実したようである。その論考の内容をかいつまんで紹介しておく。

十八世紀フランス文学は一般読者になじみがなく、特筆すべき傑作もない。ロココ趣味全盛の時代の文学は《闇市で怪しげな雑炊をすすっていた終戦後の日本から、およそかけ離れた時代の文学といわなければならない。しかし、焦土の復興した露店の本屋では、確かに少なからぬロココの文学が商われ、人々はカストリ焼酎を傾けながら、ザラ紙に刷られた典雅な会話体の小説に目を走らせていたらしいのである》。たいそう珍しい作品がこの時代に翻訳出版されている。当時出版された十八世紀フランス文学の作品で今日(一九九一年)新刊本で読めるのは澁澤龍彦訳のサドなど数えるほどしかない。

どうしてそういう現象が起こったか、いくつか原因を挙げている。まず第一は戦後出版ブーム。好色本の流行である。第二は占領下における「翻訳権五十年擬制」(GHQによる規制、米国以外の外国の出版物は原著作者死後五十年以上経過したもののみ自由に出版できる、未満のものには著作権者およびGHQの発行許可が必要)。擬制というのはGHQの公式文書にはこの規制についての記述が見出せないため(法貫次郎「占領政策と外国著作権」)。この擬制が《一時的に十八世紀フランス文学など、古典文学の翻訳・出版を促すことになるのである。》

翻訳権について雑誌『世界文学』の記載を丁寧に調査している。これにより敗戦後しばらくの間(昭和二十七年講和条約発効まで)日本における外国文学翻訳権のめまぐるしい変遷が分るのであるが、ここでは省略。

そして三島由紀夫の『サド侯爵夫人』の成立にそれらカストリ時代に発行されたロココ文学が大きな影響力をもったことへ話は進む。「慇懃文学」というのは三島が『世界文学』に発表した文章で十八世紀フランスのギャラントリィ小説をそう名付けたことによる。三島はこう書いている。

《これら慇懃小説は、ソファーや寝台や手紙だけしか存在しない抽象的な環境で試みられた無道徳なロマネスクの探求で、その抽象性と超倫理性が、作品の構造を即物的なもの以上に浮き上がらせて、いはば方法論的な構造を作品に與える結果になつている。》

この抽象性と独立した構造体であるというところが十八世紀文学と二十世紀に共通する特性だそうだ。要するに「頭で書いた」観念小説だということだろう。三島の戯曲『サド侯爵夫人』はクレビヨン・フィスの『夜とひととき』やサド『閨房哲学』を参考にしており、三島の澁澤龍彦『サド侯爵の生涯』に触発されたという発言の背後には終戦直後に刊行された十八世紀フランス文学が下地としてあったのだと気谷氏は推測する。三島の歿後『サド侯爵夫人』はマンディアルグによって仏訳されルノー=バロー劇団によって上演された。それは好評のうちに迎えられたが、その理由はストイックな演出が「方法論的な構造」を浮き彫りにしたためであろうという。それもみな敗戦直後のどさくさで出版されたザラ紙のロココ小説があったればこそ、ということになる。

考えてみれば江戸川乱歩の「人間椅子」もまたその「方法論的な構造」を浮き彫りにした作品だったのではないだろうか。探偵小説の観念性も思われる。

第三号では巻頭の岩切信一郎「河野通勢の装幀本」も読み応えがある論考だ。河野装幀本の詳細なリストが素晴らしい。


[PR]
by sumus2013 | 2016-01-21 21:23 | 古書日録 | Comments(0)
<< Reclam Universa... 風信第一号 >>