林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


風信第一号

f0307792_20454574.jpg

『風信』第一号(風信の会、一九八八年七月一日、表紙絵=ハインリッヒ・フォーゲラー)および第三号(一九九一年九月一五日)を某氏より頂戴した。深謝です。発行人は山田俊幸。第一号の巻末に

《風の運ぶ便りを出しはじめて、二十年もたってしまった。その間、雑誌、単行本を含めて、ささやかな歩みではあるが、時代を共有している友人たちへ風を送り続けようと思ってきた。しかし、今また、『風信』を続刊することになったのは、私が動きはじめたのではない。仲間の中に新たな風が動きはじめたのである。》(山田)

とあり、また

《神保町に通い始めてまだ数年。いつのまにか「風信の会」の一員になってしまっていた。毎週末古書会館の周辺に集り情報交換に明け暮れていたが、このさい雑誌を出そうということになった。産声をあげたときからこの道を歩み出したに違いない、天性の仕掛人山田さんの呼びかけには抗いがたいものがある。》(城眞一)

とも。そして

《この号は『風信』の通巻としては第十一号にあたる。風信の会で八冊、風信社で二期一冊、三期一冊という刊行次第である。今度はまた風信の会となって、第一冊目の刊行となる。》(無記名)

と補足されている。目次頁は以下の通り。

f0307792_21045166.jpg

岩切信一郎氏の井上凡骨やフォーゲラーについての論考はいつもながら参考になる。三号の内容は明日紹介するが、そこには以前紹介した『古本河岸から』への言及もあった。

古本河岸から

『風信』第二号はメリヨン特集、一九八九年六月に刊行。定価一〇〇〇円。その目次が三号のカバーに第一号の目次とともに記載されていた。これは手許にないのが残念……魅力的な内容である。

風景のなかの聖痕[ステイグマ](対談=柄澤齊・気谷誠)
※シャルル・メリヨン詩抄(栗山正光訳)
※シャルル・メリヨンの肖像(フィリップ・ビュルティ、河野和子訳)
※セーヌに墜ちたイカロスーー「両替橋」覚書(気谷誠)
※主要参考文献解題
※シャルル・メリヨン年譜
※パピエ・ヴェルダートル(大家利夫)
※メイヨンであった頃(岩切信一郎)

[PR]
by sumus2013 | 2016-01-20 20:59 | 古書日録 | Comments(0)
<< 風信第三号 大阪府庁舎競技図案集 >>