林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


永島さんの葉書

f0307792_20291009.jpg

明16日、徳正寺で「ガロ - アックス - 長井勝一」展 長井勝一 没後20年企画のトークショーが開催される。ガロというと、永島慎二さんを思い出す。もう亡くなられて十年と半年が過ぎてしまった。健在なら七十七歳余になられるはず。武蔵野美術大学の後輩が永島さんと同じ学校で教えていて将棋好きという共通点から紹介されたのがそもそもだったと思う。阿佐ヶ谷駅前のお宅にもお邪魔したし奈良のムサビ寮で将棋大会をご一緒したこともある。神戸の震災の少し後にはふゅーじょんぷろだくとの才谷氏とともに長田にあった拙宅に見舞いに来てくださった。長田界隈の惨状にひどくショックを受けておられた。そんななかで一九八九年頃から亡くなられる少し前まで折に触れて葉書やお手紙を頂戴した。筆まめな方だったのでそこそこの数になっている。宝物である。永島さんがお元気ならガロの話、聞かせていただけるのだが……


f0307792_20290697.jpg

珈琲共和国

ざ・ぱいぷ

書影でたどる関西の出版100 検印紙

[PR]
by sumus2013 | 2016-01-15 20:33 | 古書日録 | Comments(6)
Commented by 岡崎武志 at 2016-01-16 00:52 x
う、う、う、うらやましいです!
Commented by 牛津 at 2016-01-16 06:58 x
長田のどこでお住まいでしたのでしょうか?
もう21年になろうとしています。やはり神戸市民
にとっては長い歳月でした。
Commented by sumus2013 at 2016-01-16 08:39
岡崎さん、新宿歌舞伎町での将棋会のときに、せっかく来てもらったのに永島さん欠席されて会えなかったことがありましたね。
Commented by sumus2013 at 2016-01-16 08:44
牛津さま、大丸町という少し山手の方です。兵庫高校から少し北へ上がったあたり。全壊でしたので一夜は近くの中学校で過ごしました。そこは小高い丘にありましたので長田一体が見渡せました。アポカリプス・ナウだと思いました。
Commented by chara050505 at 2016-01-16 13:18
まさに「宝物」ですね。
僕にとっては永島さんといえば貸本マンガになる訳で。
自転車で貸本屋に通った思い出がよみがえります。
こちらの宝物といえば貸本マンガ「死人狩り」とその中の
一頁の原画でしょうか。しまってあります。
Commented by sumus2013 at 2016-01-16 20:10
貸本マンガは貴重ですねえ! 本日のトークで青林工藝舎に永島さんのコレクション(白土三平の初期の著作など)が未亡人より寄贈されたという話題が出ていました。
<< ガロ-アックス-長井勝一 荒魂 >>