林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フランス映画社配給

f0307792_19253053.jpg

フランス映画社配給の映画スチール十四枚、海ねこさんの目録より求めた。堀内誠一の遺品であろうか。「81/2」(フェリーニ、1963)「勝手にしやがれ」(ジャン=リュック・ゴダール、1959)「気狂いピエロ」(同、1965)「彼女について私が知っている二三の事柄」(同、1966)「アメリカの友人」(ヴィム・ヴェンダース、1977)「英国式庭園殺人事件」(ピーター・グリューナウェイ、1982)という渋い名作ばかり。裏面にはフランス映画社のスタンプが捺してある。「英国式庭園殺人事件」以外の作品は一応観たような気がする。あまりにも有名な「勝手にしやがれ」の一枚(並木道散歩)はさっそく額装してトイレに飾ったのでここには写っていない。

***

先日、河原温のロフト(http://sumus2013.exblog.jp/24768158/)を取り上げたところ。妙なことにも昨日届いた『scripta』(紀伊國屋書店出版部、二〇一六年一月一日)に河原温のロフトについての記述があった。平出隆「私のティーアガルテン行 第18回郵便とともに」。

《河原温作品との出会いを書いてみよう。一九八三年の夏、連夜の過酷な徹夜仕事を終えて休暇に入った私は、着いたばかりのニューヨークで疲れからひどく酔い、パスポートをなくしてしまった。義兄の家族と自動車でカナダ旅行という計画が水の泡。再発行までニューヨークでおとなしくしていなければならない、という最悪の休暇が決まったとき、寄る辺なさから、ソーホーの画家のロフトに寄寓中と聞いていた若い小説家を訪ねた。小説家は不在、そして画家も不在で、小説家の奥さんと少しばかり話して帰ったのだが、後から思うと、そこは河原温のロフトだった。画家の姿も一点の絵も見当たらないそのアトリエが、「河原温」との最初の、気づかざる出会いの場所だった次第である。》

若い小説家というのは宮内勝典かとも思ったが(河出書房新社と関係が深い)、年齢としては宮内氏が平出氏より六歳年長になるので即断はできないようだ。

もうひとつ目に付いた都築響一「ROADSIDE DIARIES 移動締切日 第四回」。パリの日記だ。九月、十月と二度にわたってパリに来ていた。十月にはカルチェ財団の美術館で「コンゴ現代美術展」を見たと書いてある。わが宿から歩いて十分の距離なのだが見逃していた。残念。この美術館、外観がガラス張りでまったく好きになれないため敬遠していた。反省すべし。もうひとつパリのラーメン街(オペラ通り界隈)にあるオ・ボヌール・ジュ・ジュール(AU BONHEUR DU JOUR)というヤバそうな画廊兼出版書肆の存在も知らなかった。次の機会があれば訪ねてみたい。[余計なことながら都築氏の原稿では仏文の綴りが「JEUR」、発音は「オウ・ボヌール・ドゥ・ジュール」となっておりどちらにも誤植か勘違いが混じっている]

[PR]
by sumus2013 | 2015-12-28 20:33 | 古書日録 | Comments(0)
<< 莢 10 美葉会絵葉書 >>