林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


心に太陽を くちびるに詩を

f0307792_19175333.jpg


Pippo『心に太陽を くちびるに詩を』(新日本出版社、二〇一五年一一月二五日、装幀=間村俊一、装画・挿絵=小林春親)が届いていた。ぴっぽさんの初の著書。『しんぶん赤旗』連載に書き下ろしを加えてまとめられた。ぴっぽ流現代詩入門。なるほど、あの詩人をそう切るか、という新しい見方を教えられる。

初の著書『心に太陽を くちびるに詩を』が刊行されました!

書き下ろしのなかに「珈琲」というテーマが上がっている。吉井勇、木下杢太郎、北原白秋、山村暮鳥の作品を取り上げて珈琲の歴史をさらりと語る。なるほど上手いなと思った。『喫茶店の時代』でもできるだけ珈琲や喫茶店に関する詩歌は取り上げたつもりだったが、当たり前ながらまだまだいくらでもあるのだ。なかでは暮鳥の「山」が気に入った。

 と或るカフエに飛びこんで
 何はさて熱い珈琲を
 一ぱい大急ぎ
 女が銀のフオークをならべてゐる間も待ちかねて
 餓ゑてゐた私は
 指尖[ゆびさき]をソースに浸し
 彼奴の肌のやうな寒水石の食卓に
 雪のふる山を描いた
 その山がわすれられない
  (『風は草木にささやいた』大正七 白日社 所収)

妙な詩である。腹が減っているならまずは珈琲じゃないだろう、とか、熱いんだから大急ぎでは飲めないだろう、とかフォークを並べる前にソースが出ているのか? などなど突っ込みどころ満載。結局はなんだかよくわからないけれど、大正時代の一面を代表するポカンとしたような雰囲気がスッと体にはいってくる感じ。

そうそう、先日、詩が分らないんですという人に会った。この本をすすめてみようと思う。

[PR]
by sumus2013 | 2015-12-06 19:57 | 喫茶店の時代 | Comments(0)
<< 古本海ねこ古書目録9号 うどんと古本 >>