林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


KAMIKAZE

f0307792_20181477.jpg

トポールの『デッサン・パニック』(エディション・アラキリ、一九六五年)より雑誌『アラキリ』の表紙を集めた頁。同誌については以前手短かに紹介したことがある。

『アラキリ(ハラキリ)』

ハラキリはこのようにフランス語になっているが、今回のテロ報道で「カミカゼ」もすっかりフランス語になっていることを改めて認識した。じつは以前に『KAMIKAZE』という雑誌も紹介したことがある。ただ、こんなふうに普通名詞になっているとは思っていなかった(不勉強で)。

雑誌『KAMIKAZE』一〜三号

今回のテロに関してネットのニュースを見ていると「kamikaze」は自爆テロ攻撃、あるいは自爆テロ犯を指す単語として使われている。例えばほんの一例。「パリ攻撃:ヴォルテール大通り、そのカミカゼは"静かにカフェに座っていた"」(francetvinfo.fr)


かいつまんでこの記事の内容を紹介しておく。十一区ヴォルテール大通りとモントルイユ通りの角にあるコントワール・ヴォルテールでは一人のカミカゼが命を落としただけだった。十三日の夜、コントワール・ヴォルテールの大画面テレビの前にはスタッド・ド・フランスで行われているサッカーのフランスvsドイツ戦を見ようと大勢の客が集まっていた。21時40分から50分の間、爆発音が近所から聞こえて来た。『レクスプレス』紙によればそのとき《テロリストは静かにカフェに座っていた》。ウエイトレスのカトリーヌが注文をとった、その直後、その男は爆発した。彼女は腹と胸を怪我をしたが、命に別状は無いという。カップルの客は顔にひどい負傷をしたと『ル・ポワン』は報じる。《みんないっせいに走って逃げ出した》とその辺りから逃れてきたある商人は言った。《ガス爆発だと思ったよ》

この地域には古本屋がけっこうあって、数年前にはうろうろしていた。先日紹介したアリーグル市場もそう遠くない。また今回攻撃されたカンボジア・レストランには一度入ろうとしたが、ちょうど昼時で満員で入れなかった。そんな人気店だった。



[PR]
by sumus2013 | 2015-11-16 20:27 | 古書日録 | Comments(0)
<< 骨と骨 新菜箸本撰第11号 >>